モロヘイヤを麦生の無人市で購入 29日

29日図書館からの帰りに、麦生の無人市によると、ゴーヤ、モロヘイヤが売っていた。ゴーヤ、モロヘイヤは肺癌抑制野菜食材として大変良い野菜なので購入した。
だがモロヘイヤをジュサーにかけてもドロドロになりジュース穴から出て来なかった。ドロドロの塊をタッパーに入れて翌日30日昼、お好み焼きにして食す。癖がない野菜である。モロヘイヤはさっと茹でるか炒めて何かとあえて食べるのがよい。
人参主体の野菜ジュースを毎日1200ccぐらい飲んでいると、野菜ジュースだけで腹いっぱいになる。この上、でんぷん食とたんぱく食を食べると胃もたれする。この辺のバランスよく食事をすることが難しい。

アンチエイジングに!
モロヘイヤには、細胞老化のもととなる活性酸素の働きを抑える抗酸化作用の高い栄養素が豊富に含まれています。高抗酸化ビタミンの代表であるビタミンA、ビタミンC、ビタミンEがすべて揃っており、その含有量は野菜の中でトップクラス。

https://mogwell.karadashift.jp/80082
[モロヘイヤは古代から栽培されてきた歴史のある野菜です。「奇跡の野菜」と呼ばれるほど栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富です。野菜でありながらカルシウムも多く含み、ネバネバ成分がコレステロールの吸収を抑制するほか、胃壁や粘膜を保護する働きがあると言われています。葉が柔らかく新鮮なものを選び、ビタミンの吸収率が上がる天ぷらや炒めものでモロヘイヤの風味を楽しんでみてください.]