7日02時 台風10号

6日17時ごろから7日02時までの9時間停電。台風の中停電修理ご苦労様でした。風は6日17時から強くなり7日02時に弱くなった。ほとんどが東の風で、今後吹き替えしの南風が吹くであろう。停電中はLEDランプの懐中電灯で本を読んでいた。明日の朝どんなものが飛ばされたのか観察する。大きな音はしなかったので家の崩壊は免れた用である。余り雨が振らなかった。
ここに限っては、今回の台風は報道に脅された割には強くはなかった。
我が家は2*4建築法で大きな窓5か所は2重ガラスでシャッターが付いている。ただ屋根のスレート吹き飛ばされ対策は考えなけれならない。
2010-00.png

韓国の中央日報の報道
「超強力級」として国民を緊張させている台風10号の予想経路が当初より東側に移っている。このため韓国に上陸せず、東海岸側を通過しながら影響を与えると予想される。朝鮮では新聞が希望的観測を報道する。現実と期待が一緒になって報道される。このような国と真面に付き合えない。国内では反日教育がなされているので、日本人を見れば極悪非道な国民とおしえられている。韓国の路上での女の喧嘩は茶飯事である。韓国から日本資本と人は引き上げた方がよい。今後1000年たっても仲良くなれない国である。
中央日報の台風進路図
ハングル語は使われず、日本の報道を利用している。
2020090580008_0.jpg
【ソウル時事】韓国政府は28日、宇宙開発を推進するため、ロケットへの固体燃料の使用制限を解除することで米政府と合意したと発表した。韓国は偵察衛星の打ち上げを目標に掲げており、宇宙の軍事利用に向け、ロケット開発や研究を加速させていく方針だ。
金鉉宗国家安保室第2次長はこの日の記者会見で「情報・監視・偵察能力を飛躍的に発展させる契機となる」と強調。偵察衛星をめぐり、「周辺諸国は保有しているのに韓国はゼロだ。主権国家として当然持っているべきだ」と述べ、開発を推進していく構えを示した。