過疎集落口永良島へ光回線  10月1日

屋久島町臨時議会を傍聴した。議題は人口105人、ネット人口15人の過疎地域である口永良島へ光回線施工の14.7億予算審議である。議員にモバイバルの知識がないので審議したとはいいがたい。国の予算が付くということであるが自前の予算も必要であることを忘れている。行政が提案した事に対して議員10人は何でも賛成で可決した。よくわからない議会は審議する態度には見受けられなかった。国が10億、町が約5億負担である。 私の意見はネット人口15人であればモバイバルWiFiルータの方が安上がりである。皆さんの税金と国債、地方債が地方ではこのように使われている。
屋久島町は税金と国債はただと思って、使わなければ損すると思っているようである。

ちなみに私はスマートホンを操作できない。
家内が勉強中である。

「高速で大容量のデータをやりとりできる回線を「ブロードバンド」と呼ぶのです。そのひとつに 「光(光回線)」と呼ばれる種類がある。」

インターネット回線を徹底比較!おすすめの光回線とモバイルWiFi
https://internet-kyokasho.com/internet-communication/
有線タイプ(固定回線)
• ADSL(既存の固定電話回線利用)
• 光回線
   
無線タイプ
• モバイルWiFi
• ホームルーター