関節炎の張り薬  6日

友人の奥さんから、関節炎にこれ良く効くよ!と言われてケトプフェンテープ20mmgを14枚いただいた。

ケトプロフェンテープ40mg「パテル」の基本情報
非ステロイド性抗炎症薬 (外用薬)。炎症や痛みなどを引き起こすプロスタグランジンの生成を抑え、関節炎や筋肉痛などを和らげる薬

両肩は数十年痛み、左首が痛むのでケトプフェンテープを各所に張った。3か所ともすぐに痛みが大きく軽減した。このテープの有効時間が分からないので2日で交換したら無くなってしまった。尾之間クリニックに電話してケトプフェンテープの在庫を確認すると40mmgであれば在庫しているという。5日11:30に予約を取って診察してもらった。ケトプフェンテープの有効時間は24時間と言われるので1か月分として70枚処方(570円)してもらった。薬をもらうときに40mmgで大きさが倍もある。そうすると半分に切って使うと140枚となる。なんだか得した感じである。
特に首の痛みがなくなったことがありがたい。
私は健康保険1割負担の高齢者である。


スマホの設定 5日

8月スマホをOCNから購入して家内に与えた。使い方が分からないので3か月間放置していた。家内がネットに繋がらないと言うが、私は何が問題なのか把握していない。家内の話がまったく分からない。他の人がスマホを使用している頭の良さに感心する。スマホ操作のサポート契約をして、OCNのサポートセンターに電話することにした。色々な質問を試みるが、私が理解していないので話が通じない。それでまずはOCNのサポートセンターの人の言う通り、初めから設定を始めた。理解しないままに、相手に私のスマホ画面が見れるようにして、私が言われるままに設定操作をしていく、私が間違えば相手が画面を見ているので、操作の変更指示を出してくれる。分からないのは小さなキーボードの操作である。私が知らないアドレスを入れ、パスワードを入れてネットが繋がった。自宅のWi-Fiの範囲と外のネット配信を自動判断してネットにつながると教えてくれた。
さらに私が10分間無料の契約をしているので、使用するには、ある3つのソフトをインストールしなければならないと言う。インストール後指定の電話番号を入れると通じてOKを出した。電話を掛けるときはスマホの緑の電話マークを使ってはならない、起動画面のOCN電話から電話してくださいと言われた。何かわからないが1時間かけた電話サポート設定操作で完了のお墨付きをいただいた。PC設定より難しい。これでは家内が操作できないことが分かった。反省としてスマホを家内に買い与えるべきではなかった。私まで問題意識を引きづってしまった。販売する方が初めから使えるように設定しておいてくれたらよいものを。操作説明書がないことも問題である。まだスマホ操作を理解していない、Lineとネットの違いなど言葉も分からないので勉強していく。そして家内に教える。しかし多機能なスマホを外出先でかける電話だけしか使わないだろう。携帯は電源が切られて電話番号を誰も知らないからかかってはこない。