ちらし寿司といなり  16日

家内が「何が食べたいか」と聞く、普段それに答えると、必ず作ってもらえない。しかし今日はちらし寿司を要求すると作ってくれると言う。
2合炊いて、いなりを作るとこれだけ残った。残りのちらし寿司は食べてはいけないと私は釘を刺された。
P1040615.JPG

いなりを10個作り私は4個も食べてしまった。
P1040616.JPG

昼に南道路沿いの剪定を行う。南であるが隣の杉林で日当たりが悪く、庭木の花は咲かない。
P1040614.JPG
P1040613.JPG

1年前に中指と薬指が痛くて、4人の医者が色々な病名を付けたが治らない。4か月前から「桂枝加朮附湯」を飲んで、リハビリをおこなったら、だんだん指が動くようになった。さらにケトプロフェンテープを張ると痛みが軽減される。改善するにはネットで調べて自己努力が必要である。
P1040619.JPG
ツムラ EK18
https://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/018.html
「桂枝加朮附湯」は、変形性膝関節症などの関節痛、神経痛など、関節が痛んで曲げ伸ばしがつらいようなときの治療によく用いられます。冷えがあって、体力がない人で、汗は出るのに尿の出が悪いような場合に適する薬です。整形外科で広く用いられている痛み止めの非ステロイド抗炎症薬で、治療の継続がむずかしい場合にこの薬を用いることもあります。「桂枝加朮附湯」は、痛みの改善を目的に関節リウマチの腫れや痛みに対して用いられることがあります。この場合は西洋医学的な治療が中心になりますが、西洋薬の消炎鎮痛薬やステロイド薬で、副作用などにより治療の継続がむずかしい場合に使用することがあります。

Korea民族とChinaの日本に対する遺恨
 加害者は忘れるが被害者は忘れない。
日本と朝鮮民族が仲良くするには内政不干渉ですべての過去を流し去るしかない。
アメリカ、オランダ、イギリス、フランスは東南アジア植民地の対する補償はどうしだろうか。私の目と耳に入らない。
ヨーロッパの国々は2000年以上にわたってキリスト教徒が加害者と被害者を繰り返して戦争をしていた。キリスト教の布教を名目にヨーロッパ諸国は世界を植民地化し侵略を繰り返したが日本は伴天連禁止令で植民地化を免れた。日本人が長崎のバレテン殉教者をあがめてはならない。共産党思想(30万人0.25%)と一神教(0.8%)は恐ろしい。この恐ろしさは自分だけが正しいと排他的思想であるからである。イワシも信心からの思想が柔軟である。ヨーロッパの国々はすべての過去を流し去っている。未来の利益に対する競争である。

Koreaは朝鮮戦争でも中国共産党から攻撃を受けた。しかしKoreaは中国共産党に対して歴史問題を言わない。慰謝料または慰労金問題も言わない。35年間の日本統治に対することのみKorea民族は遺恨を表す。Koreaは反日運動で不買運動をするがKorea社会には多くの日本製品と日本語が存在するがこれは不問にしている。ベトナム戦争参加して謝意と補償金に知らん顔である。Koreaにはシナ文化と日本文化が混合してハングル文化は戦後にできた文化である。文化風習が違い、お互い歴史を歪曲するので付き合わない方がよい。隣国で仲が悪く、喧嘩すると大事(武力衝突)になるので没交渉がよい。ただ日本からの断交は良くない。
日本の輸出規制品に対して独自開発できたので問題はないと韓国は言っている。中国と通貨スワップしているので日本とスワップする必要がないと韓国は言う。1965年の日韓請求権並びに経済協力協定; 日韓法的地位協定; 日韓漁業協定; 文化財及び文化協力に関する協定、日韓紛争解決交換公文があるので、そこで打ち止めして没交渉がよい。Koreaとは協定を結ばないことである。
手前勝手に改竄した歴史を日本に押し付ける国・韓国一方的な歴史認識を振りかざす文在寅に日本は絶対に妥協できない

日本と韓国では「歴史」という意味が違うので、日本も韓国も歴史を歪曲しているとお互い思っている。韓国の交渉事に乗るとまたお互い歪曲するので交渉しない方がよい。歴史を主観的に再構成すると辻褄があわなくなってくる。4人の強制徴用被害者の慰謝料と慰労金だけにとどまらず、朝鮮合併の慰謝料と慰労金に発展し、1592年秀吉の文禄・慶長の役の慰謝料と慰労金へ、13~16世紀の倭寇の慰謝料と慰労金にまでさかのぼり、こうなると遺恨を忘れず1千年に渡り「たかりか強請」になる。遺恨と金が結びつき訴訟王国を築いていくであろう。
ヨーロッパは紀元前から20世紀まで取った取られたの戦争と占領征服の歴史である。韓国は1000年以上の統治したChinaに対してではなく、35年の日本統治にだけ遺恨を持って反日で火病となり騒ぎ始める。35年の日本統治時代の人はほとんどいなくなったので、現在の人たちは遺恨と反日教育が結びついたものである。韓国の火病とは「積もりに積もった怒りやストレスが原因で体や心にもたらされる苦痛のことで、呼吸困難、食欲不振、うつ症状、不眠、全身の疼痛などが起こる“韓国人特有の病気”とされている。」意見と感情を素直に表明することなので、頻繁に韓国国内で遺恨により火病を風習、習慣的に起こす。日本に内政干渉してほしくない。シナと朝鮮の友好条約を信じてはならない。シナと朝鮮は学校とTVで延々と反日教育とテレビ放映をしている。日本のTVも早くその反日放映を見てドラマとして楽しんだ方がよい。

13世紀から16世紀  倭寇
1592年 文禄・慶長の役
1986年 明治元年
1994年 日清戦争  
1904年 日ロ戦争
1910年 朝鮮合併
1939年 ドイツがポーランド侵攻
1941年 東南アジア 侵攻
      太平洋戦争勃発、真珠湾攻撃
1945年   日本国敗戦
米ソが38度線を占領境界と確認
朝鮮人民共和国樹立宣言
米軍政庁開設
1948年 大韓民国(南朝鮮)と
朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)樹立
1950年  朝鮮戦争勃発 国連軍参戦
1953年  朝鮮戦争休戦
1965年  日韓請求権並びに経済協力協定