胃と喉の違和感の調査 

内視鏡実施 3月18日
1月初めから胃と喉の違和感があったので1月22日に内科を受けて内視鏡を依頼するが半年前にも受けているので内視鏡を行う必要なしと判断されて胃薬をもらう。喉は予約を入れていたので1月26日に診察したが異常なしと診断された。異常があるから耳鼻咽喉科に診察に来たのである。
2月19日胃がよくならないので、内視鏡を再度依頼と内視鏡先生の指定をして予約を取った。胃の方は薬が効かないのでおかゆと消化の良い食事を1か月続けた。胃の違和感は無くなったが、まだ白米2合に25種雑穀米1合の割合のおかゆをたべている。内視鏡実施が3月18日である。内視鏡の先生に胃の経過と喉の痛みも話して内視鏡診断をしてもらった。「麻酔します」でこの世は終わり、ベッドで心地よく目が覚めた。時間は1時間程度経過したようである。この先生からの胃がんなしの診断で安心した。だが喉の左口蓋扁桃が腫れてているので耳鼻咽喉科の診断を受けるように言われた。直ぐに耳鼻咽喉科の予約を押し込んでもらい3月22日の診察で、ラッキーである。この診察で耳鼻咽喉科の先生はどう対処するか?
コリン性蕁麻疹
熱い風呂に浸かると蕁麻疹のように体全体がムズムズし始めコリン性蕁麻疹が起こる。足の向う脛に湿疹が大きく広がる。内科の先生にこれは老化湿疹かと聞くと。老化ではなく湿疹であると言う。ステロイド性の塗り薬をいただいた。
抗ヒスタミン剤を飲むと湿疹がスーと引いてしまう事は実証ずみである。
4月6日に今給黎病院で手の指の診察予約を取っているので、その前後の耳鼻咽喉科の予約が取れれば交通費が屋久島町長と副町長と同じようにお金が浮く。我が家にとって1万円浮くと言うことは10日間の食費に匹敵する。病気の診察は医者とよく話し合い患者が納得することである。

右心臓弁膜症は屋久島に来て20年間、尾之間クリニックで現状維持を行い、年に1度専門病院で定期検査を受けている。右心臓弁膜症による心不全と寿命との根比べである。
右心臓弁膜症に対する薬。治療薬ではない。
P1040179.JPG
3月19日目隠し覆い
昨夜から目隠し覆いが固定されていないので風に吹き飛ばされる心配をしていたので、19日朝目隠し覆いを家に固定した後、風がうなって吹き始めた。風のうなり音は風が物に当たる振動音である。ビューと聞こえるのは縄跳びの縄の風切り音と同じである。
目隠し覆いを固定した。
P1040182.JPG
キッチン側の工事足場ような棚は気にいらないので解体した。
P1040183.JPG

台所のフロアーの凸の原因の地下室の柱をチェーソーで切断した後、フロアーを踏むとぺちゃと音を鳴らしてフロアーが水平に沈んだ。OK.
P1040178.JPG

オリンピック開催
新型コロナウイルス影響でオリンピック開催が話題になっている。開催国は開催すると言わねばならない。他国の選手が参加するかどうかである。オリンピックは綺麗ごとを言っても所詮金儲けの国際的イベントである。7月に入れば南半球は冬になる。他国選手があまり参加しなければ、日本選手がメダル総なめとなる。
オリンピック種目は私にとっては普段見たことも聞いたこともない種目が多い。
私が見るスポーツは相撲とラクビーぐらいで、団体戦なのに自己アピールの激しいサッカーと野球は嫌いなスポーツである。

何を言っても限られた命であるから、他人にかまう時間がない、自分が自覚する命を大切にしたい。








屋久島町の稀有な文化

屋久島町ホームページ
「みなさん、こんにちは。屋久島町長の荒木耕治です。
屋久島の自然環境が国際的な評価という観点からも稀有な存在であることが証明されたわけであり、島民にとっては大きな喜びであります。したがいまして、私たち一人ひとりが人類共通の財産であるこの島の自然環境の保護・保全に努め、後世に引き継ぐことが使命であることを自覚する必要があると思っております。」
何だかこの挨拶が今では白々しく聞こえる。歴代町長が犯罪を起こし、居座って罪とか恥ずかし感覚を持たない屋久島町です。それを許して擁護する議会と町民がいる屋久島町は稀有な文化をもっています。町長と議員は役得金と役人の手の上で踊っているだけ。役場職員の皆さんへ、この文化を世界文化遺産に登録したらいかがでしょうか。受けますヨ!
嫌味を言わないと気が済まない昨今である。

目隠しジャスミン  17日

これからダイニングルーム窓の目隠しジャスミンが香り出す頃である。強風で支柱が折れてずれている。これを修理する。
P1040169.JPG
支柱を手持ち塩ビパイプに替えた。塩ビパイプだけでは撓むのでパイプ中に鉄筋を入れた。ジャスミンの蔓を上に引き上げた。
P1040176.JPG
キッチンルーム窓の目隠し棚を作ってほしいと妻が言う。塩ビパイプでもよいと言う。やはりパイプは撓むので長い園芸支柱を入れた。梯子かけて上る時、今から登りバランス注意することを自分に確認させる。
P1040174.JPG
何か建設足場の雰囲気である。右のジャスミンが左に蔓が伸びるのに時間が掛かる。今、花が咲き、蔓の長いモッコウバラを他から植え替えすることにした。沢山の横の棚棒が必要である。
P1040175.JPG

明日18日は屋久島徳洲会病院で喉と胃の内視鏡検査である。

同窓生に屋久島の現状報告したら、皮肉にも今時このような文化遺産が在るのかと驚いていた。屋久島町の行政と議会を文化遺産に登録したら、観光客が増大するかもしれない。説明員は町長と副町長、区連会、老人会町と屋久島を代表する人達である。文化文化、悠久悠久を御題目のように唱える屋久島町である。こうなったら、もう漫才である。




屋久島の既得権益


屋久島地方公務員の任命権と罷免権は屋久島町町長が持っている。一般に人事権であろう。
町長が被告人と犯罪者となった場合に、地方公務員が交通費不法取得犯罪を犯した場合、誰が公務員の罷免権者となるのか。同じ犯罪で町長が交通費不法取得犯罪と判決されたら、犯罪者町長が地方公務員を罷免するの?この思考はタラレバの上の志向であるから成立しない。でも思考したい。
屋久島は国の補助金バラマキのルートに乗って既得権益をいかにして取得するかが文化の悪習である。尾之間のバイパスは安房側の分岐点からAコープまでバイパスの方が50m長い。尾之間の旧道はさびれて、なのためのバイパスか分からない。それに対しては噂だけは聞いたが、そこまでで終わり。
交通費不法取得犯罪は屋久島の悪習を追い出す良い機会である有ると思うのは移住者で既得権益の無い人たちで、既得権益が有る人と立場が違う。
この悪習をなくすために、町長罷免と議会解散、関係役場職員罷免までの戦いである。
ここで分かるのは今回の旅費不正取得者と既得権益者、これを擁護する区長がすべて旧上屋久町地域の人たちである。それに対抗する議員2名と町長辞任要求団体は旧屋久町地域である。合併からすでに10年経過しているが、ここにも商業(旧上屋久町)と農業文化(旧屋久町)の差と対立が出ている。でも旧屋久町地区3名の議員が町長擁護であるから何らかの恩恵があるのであろう。

毎日体力増進のため体操と空手をおこなっている。くねくねとカニ踊りもおこなっている。

台所改造完成の翌日3月15日

温かいが日陰に咲くスノーポピーが満開となる。10日ぐらい入れ替わり咲き続ける。
P1040159.JPG
台所に一か所脹らみがありフローリングの下に何か敷いてあると大工さんは言う。
P1040167.JPG
14日夜中調らべたら地下室の水道蛇口支えの角材がフローリングに当たっていると思われる。15日朝、脹らみに水準器を当てたら脹らみ大きさが分かり、台所の脹らみを妻に叩いてもらうと地下室の柱の上と確認できた。問題なし。
P1040164.JPG
420*140の積層材は飾りで何の役にも立っていないと言う。夜中設計図を引っ張りだして調べる。
P1040168.JPG
1階フロアーは支柱がないため、この420*140の積層材が2階を支えている。
P1040166.JPG
地下室の420*140の積層材は支柱のない地下室の上物を3点支持で支えている。
P1040163.JPG
私は人の言うことをそのまま信じない人間である。嘘か誠か調べて自分が信じればよい。

豚スペアリブ600gの圧力なべでのウマ煮
体重減少で寒さが骨にしみる。だから2年前の灯油でストーブを焚いている。
P1040162.JPG
30分で柔らかい煮物が出来た。ここで止めればよいものをさらに1時間半もっと柔らかくなると思って煮る。しかし硬くなっていた。この豚スペアリブは赤身で脂肪がないため硬くなった。豚スペアリブはバーべキューがよい。
この中に賞味期限の怪しい厚揚げを妻が入れた。私は畑の春菊を入れた。
P1040165.JPG
これが、胃の具合で止めていたビールの酒の肴である。

廃棄希望のゴミを集める。プラスチック類は破棄決定。写真上の陶器は素焼きもしていない乾燥の器。
P1040160.JPG
陶器関係は1か月使わなければ破棄で一時保管。
P1040161.JPG

高平集落20日の総会欠席届を理由書を添えて区長に提出。
欠席理由
18日徳洲会病院で喉と胃の内視鏡検査をします。病院という多人数の場所に行きます。その後、20日の高平集落総会で新型コロナウイルスを他人様にうつす可能性があるので欠席します。








3月も中頃 14日

屋久島は完全に春である。色々な花が咲き、新緑の季節である。
P1040158.JPG
屋久島に移住して20年間尾之間図書館の本を読み続けている。おおよそ3500冊ぐらい読んでいるがすべてが忘却の彼方である。ここ数年、妻の知人3人から本が時々回覧されてくる。それらすべての本が面白い。本屋で面白いと思われる本を選ぶのは至難の技である。本屋から本を選んで買う人の才能に驚きである。忘却とボケがあるから恐怖もなく意識もなく人は死んでいくのである。人からボケをなくしてはならない。
ボケは天が差し伸べた救いの招きである。

株価の下落
新型コロナウイルス、地震、火山噴火など事態が発生して大事になると専門家と政治家などがTVに顔を出す。発生前も直後は専門家も政治家も知らんぷりであるから信用ならない。事前に人は対応しない。今後の東海沖地震対策に国民も専門家、政治家も対策で動いていない。特に国民が危険地帯から移動してはいない。何か起こったら国が面倒見てくれると思っている。その救援と復興費用と年数は1000兆以上で20年を下らない。でも日本銀行がお金をどんどん印刷してインフレも2%どころではなく上昇するので景気もインフレもよくなるであろう。要は事が発生してからしか人は対応できないということである。新型コロナウイルスで被害にあったらすべて救済すると政府が言い出した。まるで共産主義国家を呈してきた。株価が下落して大事だと騒ぐ。其れは人間の欲望で売り買いしているだけで株が動いているだけである。株を持たない私は株価が下落がどうして経済に影響するのか理解できないでいる。株の売り買は資本主義と自由主義の象徴であると思う。
新型コロナウイルス対策は国の指示ではなく国民が自ら動かないことである。
私など道楽を毎日繰り返して、知らん顔して生活している。

台所改修は9日から13日の5日間かかりその間の食事は弁当などを買ってきた。
P1040153.JPG
P1040154.JPG
その間、台所備品は一時避難
P1040150.JPG
私の不要品は大型ごみをまとめて14日にゴミに出した。私がいらないと思う台所用品はあまり出なかった。出てきたのは樹脂の入れ物とガラス瓶である。私から見れば2/3は破棄してほしかった。台所備品は新規の収納所へ納まった。二人だけでいつも同じものを使用しているのになぜ膨大な台所用品が必要か分からない。
P1040151.JPG
13日夕方から妻は7時間かけて台所備品を元に戻して収納してしまった。

フェイク発言
私にとってフェイク報道は新聞社とFacebook、snsと同じ感じある。文章が短いためウソかどうか分からないこと、さらに身元がわかないからその通信内容に責任がないのである。そのフェイク報道でトイレットペーパーを買いに走る心理が分からない。E-MailではFacebookとsnsを迷惑Mailに区分しているがそれでも掻い潜ってくる。朝日新聞はそれに反して大新聞社であるが反権力と反日本感覚でウソを垂れ流す。日本国民にとってはなはだ迷惑であるが朝日新聞にとってはそれが分からないでいる。大韓民国の中央日報に[ギリシャオリンピック委員会が13日(現地時間)、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念し、東京オリンピック(五輪)聖火リレーの国内日程をすべて中止すると明らかにした。委員会側の要請にもかかわらず、大勢の人たちが聖火リレーを見物するために沿道に集まったからだ]。報道の自由を新聞社は言うが、フェイク報道も新聞社である。新聞社の影響は大きい。さらに屋久島の町長と副町長、議員の公金横領に罪の意識と日本の恥の文化の匂いすらないのも不思議である。屋久島の町長と副町長、議員のフェイク発言は信用ならない。特に役人において一生の生活と退職金がかかっている。犯罪になれば懲戒免職である。交通費精算で悪習の公金横領に対して役人はどう切り抜けるか見物である。現在屋久島の町長は告訴が受理されて調査の段階であり、「屋久島の町長は不正を認めている」が検察官が起訴するかどうかが待たれる。起訴されたら区長と議員、老人会長、役人はどのように住民に説明するのだろうか。関西電力と福井県高浜町との関係と同じように、屋久島では文化の因習で色々な人が役得を享受してきたのである。大規模インフラ投資金もバラマキの役得である。
起訴という言葉を調べた。弁護士事務所のHPに起訴について下記のような文章を見つけた。
[検察官に起訴されると,捜査段階から裁判手続に移り,被疑者は被告人という立場になります。検察官が裁判所の審判を求める必要がないと判断した場合には,不起訴となります。不起訴はその理由に応じて,「嫌疑なし」,「嫌疑不十分」,「起訴猶予」の3種類に分類できます。]
被告人が我が町の町長となる可能性が出てきた。不正を町長と以下が認めているのだから犯罪であることは間違いない。集落区長が被告人該当者を擁護した事にもなる。

光回線
光回線の勉強をして、今までのNTT電話番号とOCNのE-Mailアドレスを残す条件で、回線引き込み工事とプロバイダーすべてをOCN電話窓口 0120-506506に契約委託した。工事費1、8000円、キャシュバック2、0000円で基本料金月4650円となった。光電話回線は3分8円(市内通話料金)相手のプロバイダーがocnであれば無料である。NTT西日本の電話回線はキャンセルして破棄工事3000円であるが導線切断は私でも出来る。すべての請求はOCN窓口1本でクレジット自動引き落としである。正式会社名はNTTコミュニケーションズでプロバイダー標品名がOCNである。既存の電話機がWI-FIを受けれるかの確認しなければならない。ホームゲートウェイは雷で頻繁に故障することが予想されるので3~7日も交換を待たされたら問題である。予備機1台を委託在庫か安値買取を交渉する。OCN窓口には伝えてある。

空手道着が息子から届いた。新品である。
P1040156.JPG
毎日型の準備体操をおこなっている。02時ごろ寝つきがよくなった。





虚偽の蔓延する文化

屋久島の文化と悠久の歴史は素晴らしいものであろうが、私は知らない。屋久島の雨と雷、温かい気候が私は好きである。町役場は伝統文化、文化と悠久、悠久と言い続ければ伝統文化社会を維持することが出来ると思える節がある。しかし言うからには、他人のふんどしでなく長期計画では本土の金をあてにしない自前経済体制を作らなければならない。

旅費公金不正の調査をすることになれば一番恐怖しているのが180人の役人であろう。公金横領であるから懲戒免職となり退職金ももらえず一生の生活問題になるからである。屋久島で役場職員は保険と退職金、年金を含めれば1000万円以上の国家公務員と同じ所得で高額所得者集団である。旅費不正は町長と議員と役場幹部職員の合同集団組織で行われたものであろう。言い訳の「精算の仕方を知らなかった」とは虚偽である。今警察が捜査しているが、屋久島旅費公金不正集団は自民党、県職員組合から屋久島警察へ圧力がかかるように裏工作をしていると想像できる。しかしあまりに見え見えの不正と本人が不正を認めているので警察も隠すことができない。これは不正ではなく一部の屋久島の悪習であるから、ご本人たちは他に分からないような誤魔化し方を知らなかったのである。一部の罪と恥の文化がない屋久島では、他文化経験者からは見え見えなのに本人たちは隠しおおせると思ったのが浅はかである。何もないのに屋久島文化、文化と悠久、悠久とお題目を唱えた役人に悪習の裏目が出たのである。役人はシルバー割引ではない別の手段の旅費公金不正であろうと推測する。

一部の集落区長と老人会長が現在の町長選挙応援と町長旅費公金不正の擁護にお出ましになった。集落自治会区長と行政が結託し選挙と議会運営に動き始めた。2月25日の区連総会では不正追及議員に対して一部区長から非難があり、その意見に他の区長と議員の反対意見がなかったと聞く。それでは区長全体と議員全体が不正を行った町長と不正を行った議員の擁護を表明したと同じである。集落区長を選んだ移住者の私は意見を異にして、さらに区長に不正擁護を依頼した覚えがない。集落自治会区長と行政が結託し選挙と議会運営に口を挿むようになれば、集落区民脱退伺いを提案しなければならない立場に私は追い込まれた。
家の周りはすべて移住者であるから村八分にはならない。
高平区総会は3月20日である。
玄海町町長も賄賂をもらって町長に居座っているから面白い。

新型コロナウイルス防疫で日本よりも医療と検査機器体制が充実しているとRepublic of Korea(大韓民国)のムン・ジェイン大統領は言う。ムン・ジェイン大統領は「新規の感染者数をもっと少なくし、安定段階に入れば、まさにコロナ防疫の模範事例として評価を受けるだろう」と発言したと新聞報道を読んだ。ごもっともで大韓民国は大変進んだ清潔な福祉と医療の大国である。茶道、空手、剣道、相撲などすべての日本文化は大韓民国を起源とする盗作文化であると大韓民国新聞報道は述べている、ごもっともである、すべて大韓民国の文化であると認めた場合、だからもう大韓民国は日本に干渉してほしくない。そんなに日本を目の敵にするのであれば、早く大韓民国の方から断交をすれば事は片付くと思う。福沢諭吉も同じような論調である。Korea、朝鮮は、李朝第3代太宗の時の1403年に明の永楽帝から冊封をうけて朝鮮王国として承認された名称である。いまだにKoreaを使用している。大韓民国(漢字表記)を日本では韓国と呼び書くが、日本では国名を英国とかイギリス、アメリカ、ドイツと呼び簡略化と通称を持ちうるが、大変うるさい大韓民国から韓国と呼ぶ日本に非難が出ないのが不思議である。日本以外からKorea、朝鮮と言われても抗議しない。韓国との国名はない。これも虚偽を容認する文化である。




屋久島の3月10日

屋久島町 町長、副町長、役場課長の顔が屋久島ポスト動画に晒されている。町長、副町長は罪の意識も恥ずかしさもなく答弁している。その答弁は嘘だと分かるほど辻褄が合わない。これほどだから本人たちは罪の意識はないと分かる。このまま屋久島の文化と悠久の歴史の美辞麗句の役場のうたい文句で過ぎていくのであろう。すべてが役人の手の上で踊っている。

あな恐ろし!

屋久島は春である。昨日9日19時春雷が鳴った。
スノーポピーが咲き始めた。
P1040129.JPG
台所の改装が9日から始まった。
P1040137.JPG
入れ替えの台所用品が入荷。
P1040139.JPG
事前に既存の物は退避
P1040138.JPG
1階の既存の流しを地下室に設置
P1040133.JPG
家内の庭道具入れを入れ替え設置
P1040141.JPG
空手の型練習をはじめる。
P1040132.JPG
右手の痛い指を包帯で締めて固定する。帯だけは家にあった。息子次男も空手をした経験があるので電話で空手着の有無を依頼すると、道着が有ると言うので送ってもらうことにした。

光通信回線に対して、NTT西日本に電話をして確認し、契約書と書類を送ってもらうことになった。契約の料金は4月1日以降に契約することになると教えていただいた。人より一歩退いて後から契約した方が賢い。


屋久島での光通信契約

3月9日19時15分 勇ましい春雷である。
屋久島での光通信契約について9日に屋久島町役場へ電話した。役場は光通信に対して公報は終わったとの見解である。契約に対しては介入しないことが分かった。光通信について知らないのは私だけのようで、説明会は経費が掛かるので私は町に説明会依頼することはしない。光通信について、周りの工事費と契約金額を見ながら契約することにした。屋久島でプロバイダー契約で動いているのはSYNAPSE(シナプス)とOCNである。町とNTT西日本が経費負担した光回線からの引き込み工事費とモデム器について不明。調査が必要である。

OCNカストマーサービスから光回線予約依頼。  7日

7日午前中にOCNカストマーサービスから光回線予約依頼があった、再度NTT西日本から予約確認電話があったが光回線予約をキャンセルした。
なぜか、① 光回線は屋久島町が6.5億の予算で施工している。②屋久島町から何の説明もない。③電話だけでOCNカストマーサービスとNTT西日本から予約確認があった。④予約内容はボケの私にとって話だけで確認できない。⑤詐欺かもしれない。
不信は屋久島町から何の公報もなく光回線予約が進行していることである。
光回線施設費は屋久島町が負担してる。実質施工と運営はNTT西日本かもしれないが全国レベルの料金であればNTT西日本は坊主丸儲けとなる。電話回線も光回線になるのであればNTT西日本の電話を解約すべきである。など何も広報されていないので疑問が湧いてくる。
町長と副議長、議員の詐欺事件に役場職員がかかわっていないことは無いとの不信感である。さらに又も6.5億の予算で施工する光回線を町民に公報しないという役場体制と公報なしに誰も不思議と思わない屋久島文化に問題がある。
私は何度か説明会を開くように依頼したが、連絡はない。
公報を私だけ知らないだけかもしれない。

後報 8日
町報「やくしま」2月号で光ブロードバンド説明会の公報を見つけた。4月1日受付開始。利用開始5月1日。説明会2月21日本庁舎で2時間*2回。
町報2月号15ページ左上。


これは不信感からくる疑問である。

9日に手の痛みの診察予約を1か月前に今給黎病院に入れている。新型コロナウイルス感染病拡散時にあえて今給黎病院に行かなければならないか、手の痛みの診察は緊急性がないと考えた。私がコロナウイルスを今給黎病院か屋久島に伝染させる可能性もある。よって明日8日キャンセルをいれる。

56年前の空手の記憶で体力作り

空手を題材にした虎の道 龍の門〈上〉を1日で読み終えた。56年前学校のクラブで空手の剛柔流を習った。一様初段である。この本を読みながら、56年前の空手独特の名称、流派がよみがえってきた。名称が異国の発音である。組手の練習は無くて、毎日柔軟運動と立ち技の突きと蹴り、そして型の練習を繰り返す。初心者は危険なので組手(相手との攻撃動作)は行わない。組手は試合の時初めて行った。現在のように何回も突きと蹴りを出さない、1~2回ぐらいの動作で技が寸止めできまる。型の練習だけをしているだけなのに試合で初めて組手で人を攻撃するのであるから戸惑った記憶がある。
今体格が骸骨なので寒さが骨に染み渡る。地下室で空手の型の分解練習をゆっくりして筋肉を鍛えるのも一案である。地下室を整理する話を妻にすると、どうせ2階の畳替えを行いたいのでの畳の部屋で空手の型練習をすることを言われた。これは良い提案である。試しに突きと蹴りを行ったところ、まだ空手の型が出来るが、手を握りることが出来ないため指が前に飛んでいき激痛が走った。突きは出来ないので型をゆっくり覚えることに変更した。まづ本かCDを購入する。

56年前最初にピンアンとサンチンを習った記憶がある。
ピンアン初段
https://www.youtube.com/watch?v=tEhsswnmBOs
剛柔流の形一覧
https://wka.jp.net/archives/1631
古流空手の試合。
https://www.youtube.com/watch?v=EScOKQy3EhE






裁縫  5日

老人だから早起きとは限らない。私の場合、03時に就寝して09時起床である。6時間の熟睡で途中で起きない。起きないから死亡するとそのまま本人は死亡したことすら分からいであろう。
世にトイレットペーパーの爆買いが起こっていると報道しているが、私のトイレのトイレットペーパは1ロールで一年以上ある。これだけウオシュレットが普及しているのになぜトイレットペーパが必要か分からない。屋久島町長と副町長、議員の不始末で辞職しないと同じぐらいに世の不思議を感じる。

今日は裁縫タイムである。3年前にジッパーが崩れてジャンパーの開閉が出来なくなった。3年前に買ったジッパーをジャンバー(作業用)にやっと取り付けた。下手でも要は足した。

P1040125.JPG

P1040126.JPG
農機具倉庫らしくなった。
P1040123.JPG
P1040124.JPG
玄関に置いた欄
同じ品種を毎年株分けして10株ぐらいになった。
P1040119.JPG
ブルーベリーの花がやっと咲いてくれた。ここ数年枯れて花芽を付けなかった。
P1040120.JPG
黄色のジャスミン
P1040121.JPG
酒もビール、コーヒもあまり味の区別ができない。コーヒは粒度の違いで濃く薄くなる。10年来この機器を使用している。
P1040127.JPG






老化と異質は滅びてしまう。3月4日

2015年(70歳)75㎏あった体重が2020年(75歳)に60㎏まで減少した。身体はアウシュビッツの骸骨のようにになっている。肥満度BMI値は22で普通である。食事は十分摂っているが、病院で色々な検査をするが分からない事が多くなる。手の関節が2年越しで痛く、4人の医者に診察してもらうが病名が違い治らない。1年越しで胃と喉が痛いので2回内視鏡で検査するが異常なしと言われる。ボケが始まっているので検査すると問題なしと医者は言う。生活は元気にスムーズに動くことができる。男は早く痩せて亡くなり、その後女が痩せて皺だらけになって亡くなるようである。男女の差が5年ぐらいであろう。原因不明と治らないのは老化でどうしようもない事なのかもしれない。そうしないと地球は人間で溢れかえってしまう。日本の人口も1.2億は多すぎる、8000万人が妥当であろう。日本人が種の保存を放棄したのだから、人口減少を問題視しないことである。8000万人口の社会体系計画を作るべきであろう。

まだPCのMail発信が使えない。受信は出来る。

屋久島町はいつも長期計画を立てて、そのまま放置して屋久島で人口減少を防止しようなどと、実現できない計画を立てる役人がいること自体が異常であると私は思う。異常に気付かない役人。屋久島の政治屋は偶然にもほとんど68歳前後である。屋久島のこの年代の政治屋なり目立たがり屋は異常神経である。老化は自己判断が出来るが異常神経は自己判断が出来ない。老化よりたちが悪い。
適当に行政と議会を采配してきた屋久島文化が移住者の異質文化の所為でやり玉にあげられることが理解出来ないでいる。特に為政者と行政は面食らったことであろう。悪いことをしたとの意識がないのだから、のらりくらりと対応するであろう。要は屋久島以外は異質なのである。私は分かるが為政者と行政は分からない。

移住者はマイノリティーなのである。

思い出せない春の香木の名前



春と夏の梔子、秋の金木犀を合わせて三大香木と言われるが、もう一種類の春の名前を思い出せない。香りが高く小さな花で裏側が紫の白い花である。1週間思い出そうと努めた。老化のボケで3月2日にやっと沈丁花(ジンチョウゲ)を思い出した。原産は中国南部であるが屋久島ではあまり見たことがない。
280px-Daphne_odora-ja01.jpg

今日は天気がいいので地下室の流し台を農機具小屋に移動させた。ここに1階の流し台を移設する。
P1040103.JPG
リヤカーで農機具小屋へ運ぶ。
P1040117.JPG
小屋の奥に設置した。
P1040104.JPG

3月に入ると、やはり春である。屋久島と自然遺産には興味はないが、夏涼しく、冬温かい屋久島の気候には感謝している。
ジャスミンが咲き始めた。
P1040107.JPG
タツナミソウ
P1040108.JPG
珍しい白のタツナミソウ
P1040109.JPG
この花の名前が分からない。
P1040105.JPG
紫蘭
P1040106.JPG
オキザリス(フヨウカタバミ)
P1040110.JPG
ラベンダーセイジ
P1040118.JPG
つつじ
P1040113.JPG
沢山のタンカンの花芽
P1040115.JPG









町長の詐欺に対して擁護支持者が多いが町民は黙して語らず。

町長の詐欺に対して、副町長、役場職員、、議員12名、宮之浦、長峰、小瀬田の3人の区長(他の区長から異議が出なかった事は他の23集落区長も現職支持者か)、老人会会長などの熱心な現職支持者が組織されている。
こうなるとよほどに町長は「人徳」があるのか、さらには「金」の絡みがあるのか、死に体に対する擁護勢力が多過ぎる。屋久島の素人の無知な老人たちが騒いでいるだけかも知れないこれが150年いわたる屋久島の文化であるようだ。
町民はどのような判断であろうか?

南西日本新聞社にアンケート調査を依頼したが
まだ返事がない。

みかん農家にタンカン100kg依頼していたが、集荷できなかったので、別の農家に依頼して150㎏のタンカンを集めることができた。屋久島タンカンを20軒ぐらいに普段の返礼のため送る。
2日から箱詰め作業にはいる。




旅費精算着服行為がみじめすぎる

旅費精算着服行為がみじめすぎる

屋久島町長と副町長の旅費精算着服行為がみじめすぎる。数万円ちょろまかせて人生を棒に振るとは情けない。さらに言い訳してこの場を乗り切ろうと必死である。どこかで角附合わせて乗り切り対策会議をおこなっているが、外から見ればいくら言い訳しても悲しく哀れにしか見えないのに。二人の言い訳写真を見ると哀れで悲しくなる。

作詞 サトウハチロー
屋久島町長と副町長は

悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このやるせないモヤモヤを
だれかに告げようか

悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
この限りないむなしさの
救いはないだろうか

悲しくて 悲しくて
とてもやりきれない
このもえたぎる苦しさは
あしたもつづくのか

昨日28日の風と大雨に対し、再建農機具小屋の雨漏りはなかった。東からの風で1mくらい小屋に雨が降りこんでいた。

3時間かけてベコニアの選定と挿し木を行った。
道路沿い
P1040094.JPG
P1040095.JPG
玄関横
P1040097.JPG
南隅
桃色
P1040100.JPG

P1040099.JPG
この花の名前が分からない。
P1040101.JPG
20年間も白モクレンと思いきやコブシだった。
P1040102.JPG




農機具小屋一様完成 26日

農機具小屋一様完成 26日
今日は暑い23.5℃にもなった。
屋久島町長辞任要求している団体の皆さん、誰かが脅しをかけてくるかもしれないから録音機を携帯して、出来るだけ団体行動の方がよいと思う。検察的町長に変われば,危ない多くの人達の首がかかっている。
暑いので頭髪24mmにバリカン12mmを入れて坊主にする。小屋解体が2月1日なので26日間かかったことになる。完成しないといつまでも頭に残ってしまう。一様区切りをつけて小屋完成とする。

天井シートの押さえを製作した。
P1040088.JPG

側壁を上からケーブルで押さえる。
P1040092.JPG

道具を入れ込む。
P1040090.JPG

廃材が多数出たので後日切断して薪にする。
P1040089.JPG

デスクトップPC
① OCNメールを使い慣れていないため写真の回転ができない。アドレス帳をインポートできない.。
② サンダーバードMailはアドレス帳をインポート出来ているが発信ができない。
デスクトップPCのソフトを使いこなせないでいる。

チェーンメールの意味が分からなかったので検索して調べた。2000年代もイケメンの意味がわからなかった。よって若い小説家の現代カタカナ語句を理解できないボケ老人になりつつある。注意力不足で腕と足を物にぶつけて打撲になり、青あざとなる。おかゆばかりで腹がへる。今日は野菜スープにアンチョビを入れておかゆを作る。75㎏から2年で62㎏まで痩せた、70㎏ぐらいまで体重を増やしたい。まずは胃を丈夫にしなければならない。

屋久島町詐欺問題の往生際が悪い

屋久島町詐欺問題の往生際が悪い
町長と副町長の旅費詐欺の言い訳が延々と続く。
往生際が悪い。
辞任すると、まだ替りのその受け入れ態勢がで
きていないので翼賛議員数9人以上は変わらない。
役場意識は変わらない。
無審議議会体制は変わらない。
これが屋久島の文化である。
今町長に辞められて、検察的町長が出てきて困るのは
誰かを考えると納得する。

私は2か月前から胃が痛い。3月18日胃カメラで
診断することになった。其れまで食事療法を始めた。
野菜スープで作ったお粥を3食たべている。
いつも腹をすかしている。

玄関先に蔓桔梗が咲き始めた。
3月から7月ごろまで咲き続ける。
P1040086.JPG
P1040087.JPG

防水シート2枚重ねをピーンと押さえている。
中間に2本抑えを利かす。

P1040082.JPG
処理後
P1040085.JPG




農機具小屋を作り替える

農機具小屋を作り替えるのため、2月1日小屋を解体した。
解体後基礎の岩を並べ替え、基準を確認した。
水準を出すため、支柱の部分にモルタルを張る。
棟上げのための準備をする。
23日一気に棟上げ。
P1040072.JPG
P1040077.JPG
24日にシートを張る。
P1040082.JPG
P1040079.JPG
P1040081.JPG
後はシートの押さえ工事を行う。



手の関節がまだ痛い。

手の関節が痛い。
屋久島の行政は素人である町長も議員も役場職員の手のひらの上で踊らされている。これが150年以上にわたる文化として生き続けてきた。
町長が辞職したり、議会解散リコールが成立したりするとこの文化にほころびがでてくる。確信犯は役場職員であることがわかる。町長も議員も17人の素人集団であり専門職は180人の終身雇用の役場職員である。知識*員数*年数=集団力を比較すると明白である。集団は最優先で組織を守る。

2月9日
農機具シート小屋の再建が放置されている。再建設計をきめかねている。
P1040064.JPG
P1040055.JPG
P1040065.JPG
徳洲会病院整形外科で手のヂュプラン拘束病との診断で鹿児島大学病院整形外科の10日診察のため、前日の9日に鹿児島市内に行った。市内はマスクだらけである。私もマスクをかける。市内でコロナウイルス感染者がいるのかと3人に聞くと居ないと言う。観光客が集まるドルヒンポートには中国語と韓国語が飛び交っているので危ないと感じる。屋久島のマスク無しから見ると本土は恐ろしく感じる。夜飲み屋に行くと濃厚接触距離で皆さんマスクなしで皆食事をしている。外と内でのマスクの有無をどう判断しているのか疑問である。10日鹿児島大学病院整形外科に08時に行って会計が終わったのが12:00である。診断は10分。2年間の経過と個々の医者の診断の違いを話した。大学の医師はデュプイラン拘束病ではなく関節固着であると言う。今はリハビリしかないでしょうと言う。医療保険費5120円、支払い510円。交通宿泊費17000円なり。これまで出てきた病名は腱鞘炎とデュプイラン拘束病、変形性関節炎、関節固着である。関節固着とリハビリのつながりを理解できない。
わたしの場合、中指と薬指の第二関節を動かさなかったらその状態で固着してしまい、動かすと第二関節が痛くさらに第一関節までもが痛くなる。指をゆっくり伸ばすことができるが、曲げることができないのである。指を温めると関節を曲げることができる。
さて病名と治療がいつ終わるのであろうか。マスクを着けていない屋久島へ10日18時帰宅した。19時みかん農家からTALがあり、八朔のもぎ取り依頼があった。

11日10時、近くのみかん農家に八朔をちぎりに行く。道具と小型キャリーを貸してもらい。キャリー7杯約100㎏採取した。40㎏頂いておまけにキャリーもいただいた。みかん農園を来年から廃業するとのことである。高齢とタンカンの樹も枯れてしまっている。12時帰宅した。
P1040062.JPG
どこかにおすそ分けしないと食べきれないで、腐ってしまう。

郵便受けも午後完成した。
木材のつなぎ目はすべてシール材でカバーされている。
P1040059.JPG

P1040060.JPG
border="0">