テーマ:穴窯

穴窯再建57日と屋久島農産物, 腰痛  3日

穴窯再建57日と屋久島農産物, 腰痛  3日 屋久島農産物の春ウコン、にんにくの 販売PRします。 4月 春ウコン 生で1kg 300円 春ウコン 粉 500g 3000円 5月 にんにく 生 1kg  1000円  13個ぐらい 黒にんにく  1kg  2000円  13個ぐらい 送料がかかるので近所で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建56日と登山道  4月2日

穴窯再建56日と登山道  4月2日 ガイドのブロックで観光客が 登山道から外れて木の根、コケを 踏む写真が目に付く。 観光客もガイドも屋久島の自然の景色を 踏み荒らしているという意識が ないようである。 行政が道路を整備して、登山道以外へ 入ることを規制すべきであると考える。 曇り、暖かい。 シャツ1枚で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建55日アーチ完成  4月1日

穴窯再建55日アーチ完成  4月1日 朝から雨、時々強く降るが暖かい、 春ですね。 午後から晴れ間が見えてきた。 異形のアーチを昨夜思考した。 平らな物置くと型枠に当たってしまう。 こつこつレンガを合わせて入れ込むしかない。 下にベニア板を入れ込む。 丁寧にレンガを置いては、 現物に合わせて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建54日目と牛丼  31日

穴窯再建54日目と牛丼  31日 朝は快晴であったが昼から曇り。 霜降り肉にパパイヤを摩り下ろして、 1時間後に朝食に牛丼を作る。 大変柔らかくて美味しい。 09時から暖かいのでシャツを腕まくりで作業。 15時異形アーチがここまで出来上がった。 後一息である。 昼食は朝の残りを利用して肉うどんを作る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建53日煙道アーチ   30日

穴窯再建53日煙道アーチ      30日 08時には地下室に入り、エスプレッソマシンで コーヒーを入れて今日の段取りを考える。 09時から作業開始。  竹の型枠をあきらめてボイド管で 型枠を作ることにした。 ダイヤモンドカッターで50mmの幅を5本 切断する。 このボイド帯管を支持する支持台を作る。 簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建52日竹と格闘

穴窯再建52日竹と格闘 晴れで暖かい。 炊飯器が3台そろった。 5炊きが2台、一升炊きが1台である。 色々な料理に使える。 黒にんにく作成で2週間かけて4kgできる。 シランが咲き誇った。 昨夜の雨で目土が安定した。 9時作業開始した。 500mm残したアーチを積み終えて、 型枠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建51日と小指の思い出  28日

穴窯再建51日と小指の思い出  28日 朝07時、昨日の紫が今日は 赤く腫れた小指が赤く広がる。 16時には赤が薄くなり、さらに広がる。 地下の流しにムカデがいたが 動きがまだ鈍いのではさみで切る。 屋久島はムカデがいたるところにいて、 家の中まで入ってくるので要注意である。 私は3回かまれた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建50日とピラフ   27日

穴窯再建50日とピラフ   27日 腫れであるが寒い、14℃。 09時から穴窯再建の作業を開始する。 石積みを思考する。 石積みを安定させるのは難しい。 足の小指に石を落としてしまった。 痛い!!! 後で見ると紫色に腫れ上がっていた。 だんだん痛くなり、歩行がぎこちなくなる。 夜は紫ではなく、小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建49日目アーチ完成  25日

穴窯再建49日目アーチ完成  25日 快晴、朝13℃寒く感じる。 08時から作業開始。 まずはレンガを運ぶ。 東のレンガ搬入場所からリヤカーの場所まで運ぶ。 リヤカーから窯の傍に運ぶ。 120個運んだ。 午前中に8段積んでしまった。 段積みの慣れで早くなる。 残り3段で思考する。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建48日目となまこ  24日

穴窯再建48日目となまこ  24日 快晴、朝13℃。 09時から作業開始。 アーチ2段目を積む。 両側2、3段目を17時積み終えた。 あと残り11段である。 レンガの内側の角がお互い接触するように 組むが微妙に狂ってくる。 角の確認と水平出しで時間がかかる。 気はあせるが進まない。 10度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建47日とベーコンチャーシュウ 23日

穴窯再建47日とベーコンチャーシュウ 23日 快晴20℃を超える。 9時から作業開始して、アーチ築工の 足場を確保する。 川側 通路側 昨日仮置きしたレンガ。 内壁から天井を支える有り合わせの木枠を組む。 丸太は曲がっているので、チェーンソーで 荒削りした後テーブルソーで両面切断した。 支柱が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建46日と文化 22日

穴窯再建46日と文化 22日 20以上℃快晴。 10時に作業開始。 ジャッキで型枠を10mm持ち上げて、 シムを入れて調整、再度仮組みする。 微調整してレンガを仮組みする。 レンガ17枚になった。 17枚目を叩き込んで絞める。 2m先も3回高さ調整して、仮組みする。 高さ3mmの調整だから、 現物合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建45日とスペアリブ 21日

穴窯再建45日とスペアリブ 21日 曇り20℃。 スノーポピーが群生して可憐な白い花を 咲かせてくれた。 10時作業開始。 アーチのヤゲンを作る。 1枚の板で10度を作ると時間がかかる。 角度5度、2枚あわせて10度である。 一様の木工道具はそろっている。 この道具を15~20年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建45日と自然保護    20日

穴窯再建45日と自然保護    20日 曇り19℃、 午後からアーチの枠を作る。 穴窯の材料は自然を利用して造られ、 燃焼の薪も木を伐採して使用している。 照葉樹林は伐採しても株から目を出して 30年もすれば又大木になる。 耐火レンガ輪SK34、対過度1350℃。 電線ドラムの木枠の廃材を利用する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建43日と鹿肉   18日

穴窯再建43日と鹿肉   18日 今日は曇り。気温24℃まであがった。 腕まくりのシャツ1枚でよい。 春ですね!!! ベコニアの花をめでる。 雪柳の枝が白くなった。 ポリゴナム(ヒメツルソバ)が岩にしがみつき、 雨のおかげで咲き誇る。 立浪草(たつなみそう) 場所によって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建42  17日

穴窯再建42  17日 曇りで気温20度と暖かい。 これからの穴窯再建作業工程を確認した。 穴窯周辺を片付ける。 煙突の位置を固定する。 アーチを積むために足場を高くする。 石の上の耐火残材を取り除く。 側壁を石と鉄パイプでささえる。 まず煙道最終端と煙突を固める。 ここに寸法の差のしわ寄せが来ている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建41日  16日

穴窯再建41日  16日 今日も雨、木の芽流しである。 10時より作業開始。 側壁を2段積上げる。 14時側壁が完成したのでアーチの 木枠のボイド管を乗せてみる。 中に中腰で入ることが出来る。 しかし半円アーチは何処となく落ち着きがない。 幅に対して、アーチが高すぎる感じがする。 アーチのレンガの数が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建40日と春   15日

穴窯再建40日と春   15日 朝から大雨である。 横の小川が氾濫しそうである。 これぐらい流れると淀みの一定の場所に 砂が溜まり採取できる。 1回に30kg採取できる。 セメントでモルタルを作る時この砂を使用する。 砂利は別の場所に溜まってくれる。 自然の恵みである。 畑の端にも暗渠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建39日と食材   14日

穴窯再建39日と食材   14日 今日も晴れ。 午前中はパカラさんを訪問して型枠の ボイド管提案のお礼に行った。 そこで、アーチのヤゲン角度の話をする。 難しい計算をしなくとも180に入れる個数で 角度が出てくることを教わった。 180/18=10度である。 コーヒーとチョコレートの接待を受ける。 チョコレートが美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建38日   13日

穴窯再建38日   13日 今日も晴れ、朝は寒い、11℃である。 シランが咲き始めた。  09時から穴窯建設作業を開始。 側壁を500mまで積上げた。 14時、ボイド管が安房港に届いたので 引き取りに行った。 帰りに白菜を購入したが380円、 1個150円の感覚であったので驚く。 試しにボイド管を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建37日  12日

穴窯再建37日  12日 作業日数は1日3時間で37日になった。 明日アーチ木枠のボイド管が届く。 晴れ、朝10℃で寒い。 10時より作業開始。 煙突の位置を決めて、 煙突までの一段目の側壁の位置が決まった。 昼食は焼きうどんをつくる。 穴窯の構造確認のためレンガを配置してみる。 手前が火床、水準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建36とチャーシュウー  11日

穴窯再建36とチャーシュウー  11日 今日の朝は冷え込んで10℃である。 我が家にチャーシューがないと言って 家内が不満をこぼす。 バラ500gと鶏肉でチャーシューを製作する。 タレをつくり炊飯器の保温に入れる。 5時間で出来上がった。 これが今日の酒の肴になった。 しかし家内は食べない。 保管して「ある」という…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建35  10日

穴窯再建35  10日 朝から快晴である。 まずは突風によるビニールハウスの 破損と不具合を直した。 穴窯再建を再開した。 この際、左右前後の水平を確保するため、 型枠を入れて、耐火モルタルの中に 砂利として耐火モルタルの破片を入れて 水平を確保してレンガを積んだ。 3時間かけて注意深く作業した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突風が吹きアイデアが飛び出す 9日

突風が吹きアイデアが飛び出す 9日 朝から北西の突風が吹きまくった。 穴窯再建の作業中止。 In a Sentimental Mood: Abdullah Ibrahim https://www.youtube.com/watch?v=Vurmz6pC2WQ&list=RDVurmz6pC2WQ#t=3 朝と午…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建34とロースハム  8日

穴窯再建34とロースハム  8日 久しぶりの快晴であるが、空がかすんでいる。 昼20℃を越えて汗ばむ、ジャンバーを脱いで シャツ1枚で作業する。 ロースハム製作の最後に保温器で2時間 煮込む。温度を測ると65度である。 燻製に使用したさらしを外して煮こむ。 これを3回繰り返す。5合炊き炊飯器には 1kgのロース肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建33  5日

穴窯再建33  5日 ポインセチアの葉が赤くならない。  名前を知らない木。 蜂の巣のような花を咲かせる。 ぼちぼちつつじが咲き始めた。   さて!穴窯再建作業開始。 耐火モルタルは常温では固まらない。 手前をセメントで固めた。 1段目の側壁を耐火セメントを 使用して積む。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建32とロース肉  4日

穴窯再建32とロース肉  4日 朝にロース肉の血を流して、 塩、バジル、にんにく、しょうが、 砂糖、黒胡椒、赤トンガラシの ハーブに漬け込んだ。 豚バら肉28kgをハーブに漬け込んだものを 転地返しを行う。 昼食は色々な野菜と鶏肉を入れた 煮込みうどんを作る。 基礎レンガを修正して洗浄し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規耐火レンガSK34到着

新規耐火レンガSK34到着 1週間下痢が続いているので、 尾の間クリニックに下痢止めの薬を頂いた。 1週間前に血液検査をして、PT-INRが 1.6より低い1.48であったので、 ワーファリンを0.5mg増やすことになった。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 PT–INRは、抗凝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建32と豚肉  2日

穴窯再建32と豚肉   2日 久しぶりの晴れで、朝寒い。 今日の作業はロース肉で ロースハムを作るため、 4等分して塩をまぶして地抜きをする。 ロース肉はバラと違って高価である。 これからハーブに漬け込む。 ハムは塩加減が難しい。 そのまま食べるので、 ハーブ漬け、塩抜き、ここで布に巻いてたこ糸で縛る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建31と食材  3月1日

穴窯再建31と食材  3月1日 昨夜はまた大雨であった。 横の小川が増水している。 朝09時から作業開始。 16時耐火レンガの荒修復完了。 計算上の必要耐火煉瓦 煉瓦断面 230*65=0.015m2 側面 0.84*2.7*2=4.54  303個 古レンガ アーチ0.72*π/2 *2.7=3.05 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more