テーマ:屋久島

黒ニンニクを作り失敗  26日

黒ニンニクを作り失敗  26日 2週間かけて4kg黒ニンニクを作り、 チェックしないで友人に22日に 発送してしまった。 友人から大変硬いと連絡があった。 その硬い黒ニンニクを2軒に発送したので 返品を依頼した。 原因はニンニクの詰めすぎで蓋が完全に閉まらず、 蓋のゴムシールがはずれていた。 蒸気が逃げたために、に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少子高齢化  25日

少子高齢化  25日 朝14℃、昼27.5℃、湿度50%。 乾燥で家がバキンと音をたてる。 10日前から、ブーゲンビリアと畑の野菜が しおれ現象が出はじめた。 その植物の状況を比較観察した。 1 葉がつるつるで光るものはしおれない。 2 葉が大きいものがしおれる。 3 昼間だけしおれて、夕方から翌日の朝まで  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

椿の接ぎ木  24日

椿の接ぎ木  24日 屋久島はTVの真夏の気温だとの報道とはちがう。 1階の室内で朝08時14℃、最高で26.8℃湿度46%で 快適で過し易い天気である。 庭にはすでに蚊が出ているので、 完全装備で作業にむかう。 庭に20年の椿があるが, 薄汚れた赤色で色がよくない。 それで白椿と侘助を接ぎ木することにした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日は最悪の日  22日

今日は最悪の日  22日 朝10時、図書館に行こうと軽トラのエンジンをかけるが 掛からない。 バッテリーを交換したら、ランプは点くが かからない。 家内の自動車からエンジンをふかして電気を引いても かからない。 家内のオートマ車で図書館と自動車修理店に 行くことにした。 オートマ車をほとんど運転したことがない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21日の作業で怪我無し

21日の作業で怪我無し じっとしていられないぐらいの快晴である。 パーゴラのトタンの排水パイプを設置する。 樹脂でシール固定はしない。 日陰を作る樹を切断する。 右と左の樹。 まず鋸で枝を外す。 チェーンソーで根元を切断する。 グアバも同じように切断する。 後5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋久島大雨で1万人超避難

屋久島大雨で1万人超避難 大雨の時は外には出ないので、 自宅付近の状況しか分からない。 新聞報道の不正確さ 「鹿児島県屋久島町では同日夕までの 半日で291ミリの降水量を観測。」 12時間で291㎜であれば、 4時間ごとに3回1時間100mm の雨が降っても、急斜の川と道路で水は 流れ去ってしまう。水が貯まるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地政学を学ぶ

地政学を学ぶ 「地政学入門」曾村保信著を読んでいる。 なるほどとうなずくこと多々あり。 民族と言語、文化習慣の塊は国家という障壁を作る。 1 どの国も他民族を侵略しているので、他の国を 批判できない。 2 欧州の4~5カ国でアフリカ、南米の植民地支配地域を   分割植民地政策を決めていた。 3 欧米とシナが一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何もしない日々

何もしない日々 鉄砲ユリ 5日ごろから鉄砲ユリが咲き始めた。1本の枝から先端に3個ぐらいの花のつぼみを持っている。庭のあちこちで野生のユリが咲いているので匂いがたちこめている。先端の3個の花が同時に咲いてくれれば、切って家の中に入れたいのだが、3個は同時に咲いてくれない。我慢して2個咲いたところで採取して家に入れる。家の中がユリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の闘争 3-3

人間の闘争 3-3 1945年以降交戦権のない日本は文句を言えば金を出すと判断した国は日本の色々な過去を持ち出して金を捕ろうとする国がある。 その張本人が朝鮮である。さらに批判と内政干渉するのがシナである。 朝鮮は1000年以上にわたるシナの支配下に置かれても、シナに対しては何の非難も賠償請求しない。シナも過去の欧米の侵略と領…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の闘争 3-2

人間の闘争 3-2 戦後 1945年ドイツと日本が敗戦して戦争犯罪裁判が行われた。 欧米の植民地政策を棚に上げて、日本を戦犯として裁くのは天に唾である。 日本占領のGHQは民主党左派のルーズベルトの政策を踏襲して日本での共産党と左派勢力を育成し蔓延させた。教育者と報道機関が左翼化して報道の偏りをおこした。しかし保守党が連続的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の闘争 3-1

人間の闘争  3-1 日本の防衛を憲法で明確にするため 憲法9条改正の議論を行い国民の判断を仰ぐことを 推進すべきである。 人間の闘争の歴史 歴史を見るとヨーロッパは紀元前から氏族間、集落間、都市国家間で闘争を繰り返し、18世紀(江戸中期)の主権国家間の抗争(七年戦争など)を経て絶対王政が動揺し、アメリカ独立革命とフラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法記念日に寄せて  令和1年5月3日

憲法記念日に寄せて  令和1年5月3日 憲法9条において、どのように考えても 自衛隊は違憲であると思う。 どの党も国民も「自衛隊は違憲だ」との 意見と反対運動を起こさない。 でも野党は現状の憲法9条を守り、 自衛隊を記載する憲法改正に反対している。 さらに憲法改正反対と言うだけで、 なぜ反対かの理由を表明しない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

証拠のない情報の恐ろしさ

証拠のない情報の恐ろしさ 報道機関とネットで情報が氾濫している。 どの情報が正しいか私の知識能力では 確証が持てない。 そこに事実証拠が述べられていないからである。 私は報道が本当かどうか検証することができない。 下記の私の記述も確証のないものである。 報道機関で確証のない情報が飛び交う。 最たるものは朝日新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この1年間病気を繰り返している。

この1年間病気を繰り返している。 1 昨年の5月に指3本の挫傷、 それにより治らない3本の腱鞘炎。 2 血小板が12万から7万へ減少。 3 鼠径ヘルニアの手術と血種。 4 体重75㎏から62㎏に減少。 5 打撲と内出血の繰り返し等、 この1年間病気を繰り返している。 要は心臓弁膜症の後遺症と 高齢化現象の結果である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ADSLと腱鞘炎、ばね指  27日

ADSLと腱鞘炎、ばね指  27日 鼠径ヘルニア手術による血種は体内に吸収されてどんどん小さくなっていく でも体内に腸飛び出し防止のためネットが入っているので違和感がある。 12日間入院して22日帰宅するとADSLモデムが不安定で頻繁にネットが切れる。放置しているとADSLモデムが正常になるが、ネットを立ち上げるとまたAD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院から帰宅して 24日

入院から帰宅して 24日 22日13:30に結界から抜けて帰宅し屋久島の緑の匂いを嗅ぐ。まずは黴菌を洗い流すためシャワーを浴びる。 13:30帰宅なので腹が減るが、夕食に負担にならないようにぜんざいを作る。 12日間、塩と香辛料液(ピクルス液)に漬け込んだ豚バラ1㎏を11時間塩抜きする。 夕食は家内が作る。たくさんの余りもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鼠径へリニア手術後血腫でまた入院 10日~22日

鼠径へリニア手術後血腫でまた入院 10日~22日 病気にならないための入院時の鉄則。 1 昼間は寝ない。 2 ベッドにとじ込こまらないで、できるだけ歩く。 3 疑問があったら医師と看護師に質問する。 今給黎病院で鼠径へリニア手術4月1日後4日に退院したが、4日に抗凝固阻止剤を飲んだため出血して血腫ができた。5日その血腫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院中の病院から

入院中の病院から 17日 病院の7階の図書館PCから送信している。 鼠径ヘルニア手術を4月1日に行い、4日退院したが、5日に坑凝固剤のため血腫ができて、10日に再入院した。開腹手術は感染の恐れとネットを外すことになりイタチごっこになる恐れがあるため、開腹はしないと言われた。入院は様子を観るということで、ただ飯を食って、本を読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内鼠径ヘルニア手術から帰宅 令和1年4月6日

内鼠径ヘルニア手術から帰宅 令和1年4月6 日 31日入院して令和4月1日内鼠径ヘルニア手術を 行った。全身麻酔で1時間、 私は痛くもかゆくもなく目が覚めた。 事前に麻酔医と会話した。 全身麻酔はあるガスで中枢神経を麻酔する、 少しの麻薬を血管に注射する。 麻酔の加減はコントロール出来て、 麻酔から覚めさせるのもコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の過剰医療  29日

日本の過剰医療  29日 体調は良い。 脱腸(左側、内鼠径ヘルニア)で 28日鹿児島市内の総合病院で 手術のための診察検査を行った。 ただ少し切るだけのために、血液検査、 尿検査、レントゲン、CT,心電図、 エコー検査、歯の検査を行った。 4月1日手術で最短4日間入院である。 親族に対して手術説明と手術時の待機を …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベコニア 26日

ベコニア 26日 屋久島の行政と文化、伝統、蚊は別にして 気候だけは温暖で過し易い。 ベコニア育成には最適である。 屋久島には南の島のような 悠久の歴史も目と耳,舌で感じる 文化もない島である。 ただ山で覆われた島である。 山をネタに 責任のない協会と町が入山協力金を 5700万も集めて2900万も使い込んだとは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気になったこと   22日

気になったこと   22日 尾之間クリニックに行って診断してもらったら、 内鼠径ヘルニアで手術のための紹介状を 発行してもらう事になった。 待合室で待っているときに料理の本を読んでいた。 その中に稲荷巻きずしが記載されていた。 帰ると家内が五目ずしを作るという。 本で見た稲荷巻きずしを思い出して、 購入してあった煮込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人手不足業種とトタン後引きなし。 21日

人手不足業種とトタン後引きなし。 21日 物質要求のあった種族が猿から分化して 250年前原人となり、 60万年前に旧人、 20万年前に新人(ホモサピエンス)が 派生したといわれる。 この進化は物質と感性文化の要求と発展である。 近年物質交換の仲立ちであるお金文化要求に すり替えられた。 日本の人手不足業種は重労働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私の欲望と脱腸 20日

私の欲望と脱腸 20日 人間の欲望によって社会は発展してきたと思う。 共産主義国はこの欲望を無視して 論理だけのイデオロギーで行政(科学的経済)を 行ったため国が破綻した。 一党独裁の共産国も今では資本主義経済で 発展している。 日本では、 以前左派政権が誕生したが、綺麗ごとの 非難のようには政権を維持できなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人労働者の受け入れ拡大

外国人労働者と雨除け波板に釘を打つ   19日 外国人労働者受け入れ拡大問題。 「我々は労働力を呼んだが、 やってきたのは人間だった」 スイス人マックス・フリッシュが 50年以上前に述べた言葉。 外国人労働者の受け入れ拡大は移住者 受け入れである。 文化の共生などの綺麗ごとではなく、 日本の中に日本人の権利を持った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内鼠径ヘルニアの件とパーゴラの雨除け 18日

内鼠径ヘルニアの件とパーゴラの雨除け 18日 6合のご飯を炊いたが、少しごっちんである。 酒を振って再度20分炊飯すると、 ごっちんがなくなった。 おにぎりが11個出来た。 これを冷凍して日々の食事になる。 韓国への対応の思考論 日本の重要性を見失った韓国 https://www.newsweekjapan.jp…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋久島でおかしなことが起こっている。 16日

屋久島でおかしなことが起こっている。  16日 屋久島でおかしなことが起こっている。 屋久島町や県、国などでつくる 屋久島山岳部保全利用協議会 (会長=荒木耕治町長)の元職員が 入山協力金2900万円を着服した。 屋久島山岳部保全利用協議会では 法的責任はないという。 http://blog.livedoor.jp/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内鼠径ヘルニアと工具の修理  14日

内鼠径ヘルニアと工具の修理  14日 2週間前から内鼠径ヘルニア(脱腸)を起こしている。 52歳の時に外鼠径ヘルニアで手術した。 重いものを持ったからである。 又手術しなければならない。 ベランダの修理をしていたら工具の故障が 多発して修理をする。 電動チェーンソーのブラシに異物混入。 取り除いて冷却ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月5日16時 西デッキ修理完成

3月5日16時 西デッキ修理完成 デッキ周りの化粧板を外し、段差をなくして 水が溜まらないようにした。 水が侵入する接合部と端末、 ステンレス釘には防水シールを施した。 防食は木に水を溜めないことである。   南と西のデッキ修理で防食塗料14L使用した。 しかし南デッキは一部修理が残っている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法違反と日米安保反対闘争

憲法違反と日米安保反対闘争 日米安保反対闘争が起こらなくて久しい。 1960年(昭和35年)、1970年(昭和45年)の 2度の日米安保反対闘争は何だったのだろうか。 外務省 日米安全保障条約(主要規定の解説) https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/usa/hosho/jyoyaku_k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more