テーマ:震災

高平集落の防災体制を考える。26日

高平集落の防災体制を考える。26日 屋久島町地域防災計画(H23年)を流し読みしたが  屋久島町地域防災計画は個人として参考にはならない。 住民にとって具体性がなく、文章の末尾は  確保する。努める。推進する。 で終わり、 組織体制の連絡網の様相を呈している。 どこまで確定しているのかわからない。 私はどうしたらいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本震災時の救援 23日

熊本震災時の救援  23日 この震災を教訓に救援を点検反省したい。 今回の熊本震災は整然と対応されていると思った。 混乱を避けるため、すぐに個人の救援物資と ボランティア派遣の辞退が表明された。  公共の支援物資が集積所に届いたが 配布手配がうまくいかなかった。 これば行政が情報収集に人手を取られ、 配達に不足が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋久島も熊本も風がうなる。 21日

屋久島も熊本も風がうなる。 21日 昨夜から雨は小ぶりであるが 風がうなっている。 熊本震災被害を受けた方たちは 雨と風で大変な苦痛を受けている。 「熊本県内では、21日午後0時半の時点で、 避難指示が2978世帯、7422人、 避難勧告は少なくとも8万5789世帯、 20万9813人に出されています。」 熊本震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本震災義援金と庭の花  20日

熊本震災義援金と庭の花  20日 暖かい晴天 このまま梅雨にはいるのかな? 熊本震災で早く地震の収束を願う。 地震が止まらないことには復興が出来ない。 義援金は赤十字、赤い羽根、緑の羽根等は 経費25%取るので、寄付は経費無しの熊本県が良い。 熊本県平成28年熊本地震義援金の募集について https://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバイバル生活と穏やかな屋久島  19日

サバイバル生活と穏やかな屋久島  19日 暖かくて晴れ。   これだけ熊本震災が多発と拡大しているのであれば 八代から80kmにある川内原発は停止状態で 待機すべきである。転ばぬ先の杖である。 行政から勧告されるのではなく、九州電力自ら 判断実施することが住民の信頼を勝ち得る。   屋久島の南にも活断層がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

支援物資搬送  18日

支援物資搬送  18日 支援物資が被災者に十分届いていない。 町内代表者が支援物資集積地点に 取りに行くべきである。 左派がアメリカにくしだけの理由で反対した オスプレイが飛んだ。 オスプレイは有効な搬送機器である。 オスプレイで支援物資集積地点から避難所へ 物資を搬送すればオスプレイのPRにもなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本震災への支援   17日

熊本震災への支援   17日 今日もシンビジュームの株分け作業を行った。 熊本震災被害は拡大している。 インフラの復旧が急がれる。 1 ボランティア  熊本地震の発生から一夜明けた15日、 熊本県や県社会福祉協議会には 全国から「ボランティアに行きたい」 「支援物資を送りたい」との問い合わせが相次いだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震建設とシンビジュームの株分け  16日

耐震建設とシンビジュームの株分け  16日 朝は晴れていたが雲が出てきた。 熊本地震が多発して災害が大きくなっている。 地震は防ぐことが出来ないので 救援と復旧が重要である。 災害に会われた方の泣き叫ぶ姿は無い。 淡々と受け入れ、冷静な姿は日本人である。 自然に対する恐れと信仰の態度である。 公共施設の災害を見て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊本震災と竹の子掘り  15日

熊本震災と竹の子掘り  15日 今日も晴天。 昨日14日21時26分前に熊本の地震予報が出され、 すぐに熊本震度7の発生速報がTVで報道された。 地震予報が出されたことに すばらしい科学発展だと思った。 地震の被害は時間経過で段々大きくなる。 この報道態勢も1995年の神戸淡路大震災から比べれば 大変な速さと危機…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more