テーマ:陶芸

縄文土器風花瓶の製作 13日

縄文土器風花瓶の製作 13日 2日前アメリカ製の冷蔵庫の修理が完成して 稼動し始めた。地下室に2台の冷蔵庫なので、 中に入れるものは余裕一杯である。 モンテンルパの夜は更けてヲ 聞きながら陶芸に励む。 縄目を掘り込んで乾燥している。 底割れしないようにビニールに包んで乾燥している。 角大皿の乾燥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

風見鶏と縄文土器  11日

風見鶏と縄文土器  11日 1週間前から風見鶏の羽が折れていた。 羽の在庫があるので新規に取り付ける。 この風見鶏は2006年から我が家の庭で 舞い続けている。羽は何回も交換している。 やっと縄文土器風花瓶が完成した。 異形なのでゆっくり乾燥しなければならない。 我ながら美的感覚が無いのを痛感す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土器の細工  9日

土器の細工  9日 豚の三枚肉8kgとロース肉4.5kgの 血抜きをして、焼酎、酒かす、ハーブ、 ニンニク、生姜、赤唐辛子をすり鉢で 攪拌と磨り潰したものを肉にまぶす。 1週間漬け込む。 毎日少しずつ、細工を施している。 作業の間、後ろでクロは寝ている。 10時に冷蔵庫の修理に来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

縄文土器風の陶器の製作  8日

縄文土器風の陶器の製作  8日 毎日地下室にこもって陶器の製作。 細かい作業なので時間がかかる。 これからも行き当たりばったりで細工をしていく。 TVに動物が出てくるとTVの前に行く。 さらにTVの前に行く。 猫と犬が出てくると、TVに飛びかかる。 居なくなると裏に行き探す。 夜は一緒に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地下室の作業   7日

地下室の作業   7日 毎日地下室にこもって陶器製作に励んでいる。 縄文風飾り細工をしているので、 数としては増えない。 いつも前かがみで轆轤に向かっているので 腰が痛くなる。 大型冷蔵庫が故障しているので見て貰うと、 コンプレッサーが動いてことが分かった。 冷却ガスを交換してみることになったが、 特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンポ柿が出来た。 6日

アンポ柿が出来た。 6日 5日間日に干して、 アンポ柿42個が出来上がった。 中は甘くとろりとした状態になっている。 箱詰めして冷凍庫に保管した。 四角の大皿を製作。 表面に白化粧土を厚く塗る。 380*230*10 この皿は焼くとひずむので ビニールに包みゆっくりと乾燥させる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陶器の成形 27日

陶器の成形 27日 回転テーブルがさびていたので、錆を落として、 錆止め塗料を塗る。 昨日に日続いて縄文土器風花瓶に細工をしていく。 作りながら細工を作っていく。 まだ完成ではない。 荒粘土でカップを作る。 まだまだ左菊練はうまく出来ない。 ぼちぼち練習である。 11時30分から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

右肘の腱鞘炎  26日

右肘の腱鞘炎  26日 朝8時に豚肉20kgを 香辛料と酒かすに漬け込んだ。 昨日粘土をこねて右肘が痛い。 使用する粘土を菊練りする。肘が痛い。 試しに轆轤を引く。 化粧細工は少し乾いて行う。 右肘が飛び出している。 ひじに負荷がかかると痛い。 これは18年間右肘に負荷がかかって 軟骨が飛び出してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベーコンとロースハム製作 25日

ベーコンとロースハム製作 25日 豚三枚肉9.5kgとロース肉4.6kgが 24日に届いて氷解していた。 完成後の届け先は全て決まっている。 25日 豚三枚肉9.5kgを8等分して 1.2kgに切り分けた。 ベーコンにすると1kgになり減量する。 塩をまぶして血抜きのため 冷蔵庫に吊るしている。 明日香辛料に漬け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

崩落窯から陶器を採取 12日

崩落窯から陶器を採取 12日 崩落窯からすべての陶器を採取して 破損箇所と高台を磨く。 知人が1200度を3時間も 保持していたので釉薬は溶けている。 50%の40個ぐらいの製品が残った。 残ったといっても破損品もある。 崩落窯の最下段の小さな花瓶は 破壊されず生き残っていた。 高さ10cmほどの花瓶であ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

筍と崩落窯

筍と崩落窯 屋久島高平窯を変更して 崩落(豊楽)窯と命名する。 県道を走ると筍と新芽の匂いが漂う。 既に2回筍を掘って食べている。 今日10日は筍堀をした。 地主に昨日家内が了解を貰った。 既に2回筍を掘って食べている。 ボスからガス代がかかると苦情が出たので、 薪で筍を湯がく算段をする。 まず、鍋の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

廃材利用の洋ランテーブル

廃材利用の洋ランテーブル 3月22日にパカラ*3からテーブルと 椅子の廃材を頂いた。 まだ何に利用するか決めていなかった。 23日 ネジ釘で固定されているが、腐って外れない。 叩いて強引に外して腐っている所をはつった。 4月8日 毎年鉢の数だけ洋ランが咲く。 崩落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

炎も町長も何かを創りだすか。

窯の内部は溶けている 炎は何かを創りだす。 搬入入り口の耐火煉瓦を外す。 内部から熱風が出てくる。 悲惨この上ない状態である。 すべてが溶けて固まり動かすことが出来ない。 どうしようかな~? すべてが灰かぶりで、融点が下がり溶けている。 この状態のものは手では動かない。 内部が溶けてドロドロである。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灯油タンクのバルブ取替え

灯油タンクのバルブ取替え 4月8日(火) 【総合テレビ】19:30~19:56  (再放送・翌日)0:10~0:36 「まさかの天井落下をどう防ぐ」 http://www.nhk.or.jp/gendai/yotei/ 「まさかの穴窯崩壊をどう防ぐ」 バルブから灯油が漏れるのでバルブを 取り替えようと思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本焼きと燻製 29日

本焼きと燻製 29日 04時から灯油窯で本焼き開始した。 1時間200℃の上昇率で11時には 1250度になり、1250度を1時間保持、 その後1100度を1時間保持して 13時終了。 近代文明の利器の機械は効率、簡単、 再現性などすばらしいものである。 近代文明の利器の機械をどのように 使用するかは人の判断で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春うらら22℃ 28日

春うらら22℃ 28日 08時から5時間塩抜きした肉を 冷蔵庫で乾燥させる。 明日29日にベーコン製作する。 すぐに燻製ができるように消し炭、 焚き付け、桜の薪を段取りをした。 穴窯で本焼きをする花瓶と鉢に釉薬を掛ける。 一旦灯油窯に製品を入れたが、 その上で蓋の補修をしたので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灯油窯の本焼き準備

灯油窯の本焼き準備 昼の気温22℃、快晴である。 灯油窯に34個の製品を窯に込んだ。 ただし窯の蓋が破損しているので 亀裂を修復した。 蓋の落下ごみが製品に付着するので 製品の上にカバーとなる棚板を被せている。 天気予報では 27,28日は快晴、29,30日が雨である。 雨の29日に本焼きとベーコン燻製…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釉薬調合と釉薬掛け 26日

釉薬調合と釉薬掛け 26日 既に釉薬調合は済んで1晩置いている。 水と釉薬が分離しているので、 一旦水を流してから、濃度を調整する。 紺色の釉薬 濃いブルーの釉薬 カップの高さが高い方を選んで、 45個釉薬をかけた。 バケツの釉薬に製品を漬けて1,2,3で そっと引き出す。 そうする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚三枚肉と陶器作業

豚三枚肉と陶器作業 デンマーク産三枚肉15kgが届いたので、 1日半掛けて、氷解血抜きをした。 22日ハーブと塩に10枚漬け込んだ。 ハーブは庭で採取したもの。 24日Mさん花見会に招待された。 酒の肴を2kgの三枚肉でラフティーを 作る予定であるが脂身が 少ないので豚の角煮に なってしまうかも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素焼きの窯開きと春雷 20日

素焼きの窯開きと春雷 20日 昨日19日の夕方、ネット購入していた 高級魚である銀鱈が届いた。 銀鱈はアラスカ、鯵はオランダ、鯖、鮭、シシャモは ノールエーつぼ鯛はインド洋、ニュージランドからの 輸入が多い。 日本は小さいものまで獲って 枯渇して自らの首を絞めている。 他国は大きさ、量の制限を設けている。 他国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素焼き 18日

素焼き 18日 03時前に起床して、すぐに地下室へ。 気温17度、薄曇りで、月が出て明るい。 今日は満月である。 03時10分窯に火入れした。 04時ごろ小雨がぱらつく。 06時300℃になる。 1時間に100℃のペースで上がっている。 08時500℃である。 600度から700度へは温度が 上がりづら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素焼き準備 17日

素焼き準備 17日 16日高台削りしたものを、強制乾燥で 日向にすべて出して乾燥させた。 15時窯にその30個を搬入した。 窯搬入口を耐火煉瓦で2重に塞ぐ。 隙間があるところは土で塞ぐ。 断熱ボードを被せる。 明日早朝より素焼きを明日。 尾の間の消防署に火入れを連絡した。 庭の草花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット購入

ネット購入 美味しいものはネット購入すると、 安い。 我が家の食料品の95%がグリーンコープか ネット購入である。 もともと屋久島のスーパーには屋久島のものは 殆ど販売されていない。 99%本土からの輸入品である。 銀鱈 1枚約700g、1kg1950円の 銀鱈を購入しようとすると、 クロネコ運賃が九州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これ何だろう

これ何だろう これ何だろう。 白く霜がかかっているようだ。 これなんだろう。 粘土で引っ掻きを作っているかな。 粘土の塊からしごいて取っ手を作り、 少し乾燥させる。 マグカップに取っ手をつける。 マグカップを成形するより、 取っ手をつけるほうが 倍の時間がかかる。 09時から15時まで根気の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ミツバチの巣箱を作る。

日本ミツバチの巣箱を作る。 日本ミツバチの巣箱を作るため、合同金物店に行って 25mm*150mm*4Mの板と スクリュウネジを購入する。 リヤカーの補強溶接と板材の切断のために パカラ*3の所に行って、作業をしてもらった。 パカラ*3の所は立派な日本ミツバチの 巣箱をすでに作っていた。 私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素焼きの薪の準備

素焼きの薪の準備 物置から薪を出し、長いものは切断、 太いものは割る。 搬出前 物置空間が1m奥に進んだ。 これだけの作業に4時間をついやした。 窯の前に物置から搬出した薪を積み上げる。 外に落ちないように柵を作る。 この辺の薪を素焼き燃焼に使用する。 これだけ詰め込むと火口付近に 少しだけ空間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯での素焼き準備

穴窯での素焼き準備 毎日利尿剤のラシックス錠を20mg飲んで 日に1500~1800ccの尿を出すと 足も顔も浮腫まない。 体重も1日1kg減っていく。 小便に行くのが何よりも忙しい。 忙しい、ちょとするとまた忙しい!!!!。 本当に排尿に忙しい。 尿量検査の基準値・正常値のまとめ http://www.k…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

灯油窯焚き 9日

灯油窯焚き 9日 04:00から灯油窯に本焼きの火を入れた。 製品は今回のものでは無い。 2年前に素焼きしたものである。 11時には1250度まで上昇。 この温度を1時間保持して12時終了した。 薪を使用する穴窯の72時間と比べ8~10時間で 簡単に本焼きが出きる。 文明のおかげである。 何でも古いも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

蜘蛛の糸

蜘蛛の糸 私は蜘蛛が好きである。 私の大敵の蚊とか虫を捕ってくれるから 好きである。 同じようにヤモリ、壁チョウロも好きである。 私の部屋には蜘蛛がいる。 窓の手すりに蜘蛛の巣があった。 一本の糸が上に伸びている、 それを一列に並んで早い スピードで登っていく。 見えないが、屋根の左をじっと見ると、 黒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薪狩りで体調良好

薪狩りで体調良好 区長のところにまきが沢山ある。 タンカンの選定で出た枝を切断してこづんである。 大変な作業の頂き物である。 軽トラで10杯分はある。 軽トラに薪を載せる。 ここから10分で我が家の 南の庭の入り口に薪を下ろす。 2杯運んで通路が一杯になる。 軽トラが穴窯横の薪小屋まで入れない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more