屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 腰痛の養生と料理 23日

<<   作成日時 : 2015/02/24 00:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

腰痛の養生と料理 23日

  腰を痛めて4日目。腰のリハビリヨガをしている。
リハビリヨガをすると痛みが和らいで
段々痛みが取れていることが分かる。
洗面の前かがみができるようになった。
そろそろと歩くことが出来る。
だが何かの拍子に神経が頭まで突き刺して痛い。
大殿筋のえくぼのところが痛い。
大腰筋か大殿筋か、どちらを痛めたのかが
分からない。
穴窯再建作業はまだまだ出来ない。

 朝食はホットドッグをつくる。
そろそろ動作する。
パンの中に玉ねぎ、ピクルス、ソーセイジ
を入れ手焼く。

 暇なので料理をしている。
暇でなくてもする。
朝から高菜漬の油いためをする。
昼はイカのはらわたスパゲティーを作る。

 2月5日に私の寝室の壁紙を張り替えたとき、
室内を片づけて納戸に移設した。
その時から、図書館から借りた本を
20日間探していたがやっと見つけた。
懐中電灯で納戸の隅を照らして、
角の隅に落ちていた。
頭の懸案事項が解決した。
 10年前2005年に2ヶ月間中国旅行をした時の
旅行記も出てきた。(中国オリンピックの前年)
読んで行くとそのころを思い出す。
文章を残していくと記憶が戻る。
画像

 2010年以降のドキュメント、写真は
雷でPCを破損したときに記録が消滅したので
貴重な資料である。

 大根のとうが経ち始めるので
20本すべてを抜いて、傍の水路で洗う。
これをそのまま乾燥させる予定である。
2本だけ大根の浅漬けを作る。
大根を銀杏切りにしたものに、
塩、酢、砂糖、酒、出しの元、胡椒を入れて揉む。
ビニールの中で1昼夜漬け込む。
これは鹿児島の食堂で出される
付け出し漬物である。
五目御飯と昨夜からタレに漬け込んだ鶏のぶつ切りを
から揚げにした。
2時間立ちっぱなしで料理を作ると
また腰が痛くなった。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

腰痛の養生と料理 23日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる