屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 穴窯再建42  17日

<<   作成日時 : 2015/03/17 19:44   >>

トラックバック 0 / コメント 0

穴窯再建42  17日

曇りで気温20度と暖かい。
これからの穴窯再建作業工程を確認した。

穴窯周辺を片付ける。
煙突の位置を固定する。
アーチを積むために足場を高くする。
石の上の耐火残材を取り除く。
側壁を石と鉄パイプでささえる。


まず煙道最終端と煙突を固める。
ここに寸法の差のしわ寄せが来ている。
ブロックを積上げるため赤レンガの位置を決める。
画像


温度が1000度以下であれば、赤レンガ、ブロック
を使用しても差し支えない。
耐火度1500℃でも急激に温度を急激に上げたり、
内外の温度差があれば割れる。
一般に石釜、パン焼き窯などは
安い赤レンガで十分である。
窯となると皆さん耐火レンガを使用するが
高価で不要である。
赤レンガで十分である。

3段積んで赤レンガとブロックの位置が決まった。
ここのポイントは水平ヲ確保することである。
煙突は高くなるので、水平をいつも確保
しなければならない。
画像


今日の肴はソーセージと自家製ホウレンソウの炒め物。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

穴窯再建42  17日 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる