屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 民主主義を問い返す小さな村 

<<   作成日時 : 2017/01/05 09:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

民主主義を問い返す小さな村

バックリブのロースト 4日

年末年始穏やかに晴れている。
朝10℃を切るが昼は18℃を超える。
画像

画像


暮れから毎日3食,献立表を作って
料理を作っている。
一向に冷蔵庫の食品が減らない。


バックリブのロースト 
下段で火を焚いて上の窯を220℃に上げる。
画像


窯の上のバックリブロースト
画像


ロースト出来上がり、しかしバックリブは
脂身が少ないでローストするとパサつく。
バックリブは角煮風に作った方が良い。
画像

この後、20時間たれを入れて炊飯器保温で煮た。

匂いにつられてクロ。
画像


雪柳も狂い咲き。
画像



花の少ない時に、ポインセチアがさえる。
高平と麦生の集落にいたるところに咲いている。
画像


PC2台を修理に鹿児島市内に発送。
携帯用のPCが残った。
画像

PCの故障内容。
1 デスクトップPC  Win10
1−1 ディスクトップの電源ランプが入って青になるとOSがたちあがる。OSが立ち上がらなければ、黄色く点滅する。押している指を離せば点滅は消えて、OSは立ち上がらない。コンセントを抜いたり、電源ボタンを何度も押したり、時々指で押して青になればOSが立ち上がることがある。今はシャットダウンしないで電源を入れっぱなしで使用している。電源を押すと橙色に点滅して立ち上がらない。2日ぐらいでまた時々立ち上ることがあるので1ヶ月使っていた。
1−2 Google検索の検索経歴が表示されない。
  (別のノートPC  Win10 )でも同じことが起こっている。

2ノートPC  Win7
2−1 Youtube動画が映らなくなった。音は出る。
どのような操作で映らなくなったか分からない。
2−2 エラー表示が出る。
2−3 Google検索の検索経歴が表示されるのでOK。


民主主義を問い返す小さな村・大分県姫島村
http://blogs.yahoo.co.jp/ctfuncleronin/63327006.html
大分県姫島村は国東半島の伊美港より北へ6kmの地点にあり、東西7km、南北4km、総面積6.87kuの離島で、1島1村である。世帯数約900、人口約2200人の小さな自治体だ。  離島とはいえそんなに九州本土から離れているわけではないのに、とてもユニークな自治体運営をしていることで注目され、かつて何かの特集記事で読んだことがある。
この島はうらぶれたり廃村間近な僻地などではなく、財政的にも貯金にあたる基金が2010年度で一般会計予算を上回る22億8千万円あるという。島の産業は漁業と観光で、農業は自家消費分程度であり他にはない。  40年以上前、若者の流出に頭を痛めた前村長が「役場の給料を抑えて、その分多くの若者を雇う」と決めた。「行政ワークシェアリング」である。  いまでは島民11人に1人が村職員で、同じ規模の自治体の4倍以上という。だから国東半島からのフェリー船員も村職員だし、福祉施設の介護士なども大半は村職員である。  他の自治体職員に比べると働く時間は短いが給料も安く、職員の給与水準は全国最低という。「平成の大合併」は「他の自治体並みの給料を払えば、職員数を維持できない」という明快な理由で検討の対象外。それゆえ大分県で唯一「村」のままだ。
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

民主主義を問い返す小さな村  屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる