鬼の居ぬ間 14日

鬼の居ぬ間
久しぶりの晴天である。
昨日13日は21時消灯、04時起床。
素焼きをしようとするが、8個の成形品が今だ乾燥していない。
この乾燥を待って、今日灯油窯に点火する。
追記
09時半点火した。

家内は鬼ではないが、かみさんが留守のときに
「鬼の居ぬ間」という文言を使用する。
この言い方は、日本の旦那がいかに奥さんを
恐れているか敬っているかの現れである。
私の場合はやかましさと気ぜわしさからの開放である。

13日から家内が京都、奈良に1週間一人旅に出かけたので、
我が家と言っても私だけで「鬼の居ぬ間」と相成りそろう。

「鬼の居ぬ間」の目標
1  14日素焼き1回、16日19日本焼きを2回行う。
2  冷蔵庫の食材を整理する。
3  魚釣りの講習を受ける。
4  15日高平集落の町道の猿柵整備と枝打ち作業に参加
   私は1時間以上の連続作業は貧血が起こり危険である。



私は首長と議員の多選反対です