基地と空港の騒音


基地と空港の騒音

基地反対の町長、議員、反対団体、住民は
やはり身勝手でエゴと言うしかない。
人の伊丹を理解しましょう。


ジェット機は音を出す、戦闘機も民間機も。
基地と空港で騒音の苦情が多い。
殆どが住宅密集地である。
基地と飛行場建設当時殆ど人が住んでいなかった。
反対運動団体もそこに多数存在する。
(基地とは自衛隊と米軍を含む)

屋久島の基地反対の町長、議員、反対団体、住民は
飛行場と航空機は使用するのかな。
他人の騒音源反対で自分が乗る騒音源を
利用するとはあつかましい。
さらに、屋久島から住宅密集地の福岡と
痛み空港に搭乗するのである。
基地反対の町長、議員、反対団体、住民は
やはり身勝手でエゴと言うしかない。

それでは基地と空港の廃止か存続かの
住民投票をすればよい。

存続が多い場合、
存続賛成者のみに航空機搭乗許可書を発行して、
これを持っていない人は日本では航空機に
搭乗できないとすればよい。

次に、基地と空港廃止の住民が多い場合。
基地と空港を過疎地に移設する。
あくまでも基地と空港廃止賛成者は
航空機に搭乗できない。

片方で過疎地の限界集落が存在するのだから、
過疎地の市町村に公募して、そこに
基地と空港建設すればよい。
全国に農業用飛行場8箇所があるはずである。
日本全国の農道空港
http://1901rjtt-to-roah.blog.so-net.ne.jp/2007-07-26-5

大分県央飛行場 年間 利用者数54人、貨物移送量84kg
豊後大野市
http://maps.google.co.jp/maps?ll=33.026111,131.505556&spn=0.01,0.01&t=m&lci=org.wikipedia.ja&q=33.026111,131.505556
画像



現実には利便性の恩恵を受けている。
基地と空港の騒音問題は国民皆で分け合う
気持ちと解決策が必要である。

安保反対と自衛隊反対ではなく解決策を考えよう。

共産党は恐ろしい。恐怖政治の独裁政党である。
中国共産党の弾圧。新疆ウイグル自治区で衝突、20人死亡か
http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2814455/7524071?blog=webryblog