29日 テーブルと自然保護

29日 テーブルと自然保護
気温29度晴天
山は照葉樹林が芽吹き浅緑となった。
筍のような新芽のにおいが流れてくる。
濃い緑は杉林である。

照葉樹林は新芽の子供を育て、
若葉に命の未来をゆだねて、
古い葉が散っていく。
多選と高齢議員がコイコイをするのは見苦しい。
高齢者は年金をもらっていることだし、
早く若者にバトンタッチしてほしいものである。
画像

戦後国の補助で、全国で杉の植林が行われたが、
無管理で、更に輸入木材の増加で
成木の伐採も行われなくなった。
今度は間伐と成木の伐採と搬出が
国の全額補助で行われる。
さらに膨大な金を掛けて林道を建設している。
山持ちは、山林を持つだけで
補助金漬けである。
今後山林政策をどのようにするのであろうか。
この状態を自然保護団体は何も言わず、
カバの一つ覚えのように、
自然保護だけを唱える。
自然保護を訴える人は自分が文明社会を抜けて
縄文時代の生活をするなら理が通る。
自分を律せず論を言うのは身勝手と言う。

屋久島は
植林しなくてもすぐに照葉樹林となるであろう。
これが自然である。
照葉樹林を植林されば生育が早くなるだけである。
照葉樹林は根元から切っても又芽吹く。
これも自然である。

自然保護はいいことであることはわかる。
しかし自然保護に対して、
私は自分を律することが出来ない。
自然保護て何だろうか。
画像


ベランダのテーブルが腐食していたので、
腐食部分を除いて、樹脂か木片を
埋め込んで吹き付け塗装をして組立てた。
樹脂と吹き付け塗装の乾きを待って作業するので
1週間もかかった。
画像

テーブルの材料は輸入木材で
圧力防虫防食処理がなされている。
なぜ使用するか、
安くて長持ちするからである。
我が家のベランダは13年も長持ちしている。
自然保護者が持論を律して作るテーブルは
2年で腐ってしまうであろう。


我が家のブルーベリーも実をつけたので
防鳥ネットをかぶせている。
画像


06時からベーコン20kg製作した。
今回はカナダ産の豚バラを使用した。
肉が厚く、程よく赤身と脂肪が重なりあっている。
天然塩とハーブ、赤胡椒に10日間漬け込んで
燻製を6時間おこなった。
画像


美味しくできた。赤胡椒の入れすぎで少し辛い。
動物保護はしなくて食べている私。
画像


南の国はカメを食べている。
食料である。
屋久島では保護している。
食料にしてはいない。
鯨、カメ、鹿、馬、犬も豚、牛、羊も動物である。
食料とする文化と食べないから保護する文化
の違和感が生じる。
私は日本の食糧文化に住んでいる。