馬毛島問題書簡


馬毛島問題書簡

どなたか(仮称Aさん)が馬毛島問題書簡を
私に送ってこられた。
Pena さんという方がAさんに
馬毛島問題をMailしたのでAさんがPenaさんに
返信したようである。
PenaさんのMail内容はわからない。

私はMailが送られてきても、
Pena さんとAさんのアドレスがわからないので、
返信できない。
無断で馬毛島問題書簡を私が記載して、
私の見解を述べたい。
2013年5月5日

私の見解

転送ありがとうございます。
ご意見ありがとうございます。
書簡の無断掲載をゆるしてください。
屋久島在住の小川です。

私は馬毛島への
艦載機訓練基地移設に賛成です。
基地を都市から過疎地へ移転させたほうが
騒音被害を軽減できるからです。
更に日米安保に反対ではありません。

私の長男が大和の南林間に住んでいますので、
私は厚木のものすごい騒音を実体験しています。
思うに空軍基地を都市から
過疎地再建で移転すべきだと思います。
馬毛島は無人島で最適地です。
沖縄の南の過疎の島に
沖縄の基地を移転するのがよいとも考えます。


屋久島の反対運動の現状。
今の反対運動はアメリカ憎いしと
安保反対運動の一環として
一部の人の活動です。
反対運動は危惧項目だけで、
ただ何も知らない住民が署名しています。
現在、馬毛島はそっちのけで、
ブログでの安保反対、
沖縄の米軍基地反対運動になっている。
住民は現状の反対運動の内容については知りません。
ブログの内容はある思想の
ある一面のことしか記載されていない。


基地が出来ても犯罪率は上がらない。
日本人の犯罪率が2。3%であるのに対し
アメリカ駐留軍は0.4%(0.16というデーターもある)と
かなり低い。
数値は色々なデーターがあるので不正確ですが
アメリカ駐留軍の犯罪率は沖縄住民の犯罪率
を大きく下回っていることは確かです。
米軍犯罪率は高くない。
左派政党は米軍事件が起こると
鬼の首を取ったように騒ぐだけ。
日本の中で在日中国人と在日韓国人の
犯罪の犯罪率が日本人より多いのには何も言わない。
正確な情報を伝えない。
反米という思想で凝り固まっているので
一般的情報ではない。


海の自然破壊は基地より
農地の流土と農薬のほうが問題である。
空軍基地が出来ると海洋が汚染されるとは聴かない。
人間の生活排水のほうが問題である。
屋久島は生活排水は垂れ流しである。
この問題には何も言及しない。
全体的自然破壊の最大の原因が
何であるかをいわない。


漁業問題は魚の採り過ぎと小さなものまで採り
日本全体が漁業資源の枯渇に見舞われている。
基地問題ではない。
水産資源枯渇の原因を言わない。


観光には関係ない。
なぜなら沖縄は基地があっても
観光が基幹産業になっている。


マゲシカの問題は私に知識がない。
日本鹿の亜種だそうだ。
私にとってマゲシカがなぜ貴重種か
分からない。

反対活動の情報はある一面だけを捉えた
プロパガンダである。
それに相乗りしたのが屋久島町議会である。

屋久島町議会も反対決議したが、
何の活動もせず、傍観か忘れてしまっています。
町議会の一般質問でも話題にもなりません。
屋久島町議員選挙が9月にありますが、
各候補は艦載機訓練基地移設に賛成か反対か
問われるでしょう。
問題は各候補が私のところに
家庭訪問しないことです。
来られたら
家に上がってもらって接待するのに。


反対運動グループと防衛庁が
どうして騒音テストをしないかが疑問です。

騒音では羽田空港から
少し離れると騒音は聞こえません。
理由は海上に向かって急上昇しているからです。
更に汚水の軽減により羽田沖で漁業が復活している。

種子島ロケット基地から
25kmはなれた屋久島では
種子島のロケットの騒音は
打ち上げたと認識して耳をそば立てて
聞かなければ聞こえません。
音でロケット打ち上げには気づきません。

私は蚊に食われると、蚊アレルギーで直るのに
1週間かかりますので、蚊は大敵です。
同じように蚊の羽音を聞くとぞっとして、
眠れません。まつわりつく中国と同じです。
屋外に出るときは完全装備で出ます。
防衛は必要です。

蚊の襲来 線香は煙幕 アースはミサイル 防衛体制 

小川 靖則
鹿児島県熊毛郡屋久島町麦生335-424
TEL 0997-47-3222
yogawa@water.ocn.ne.jp
ブログ名  屋久島高平窯
http://yasunoriogawa.at.webry.info/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

私に送ってこられた。
馬毛島問題書簡

NO 1
penaさん、私は大和市に友達が住んでいて
何度も訪ねています。
日曜ばかりでなく平日にも数回行きました。
やはり騒音のことは結構話題になります。
飛行機の離着陸が近くで見える場所です。
「どうしてこんなところに家を」
建てる気になったのか」と聞くと、
「特に気にならない。子供の勉強に
支障が出るとか、夜眠れないとかいうのは
オーバーな表現だ。」といいます。
3年前に騒音被害の補償として自宅の
防音工事を無償でやって貰ったが、
新築当時のように家が綺麗に
なったと喜んでいました。
地元民にとっては騒音は大きく騒がれるほうが
良いにきまっているといいます。
 おそらく貴方が働いておられた仕事場は、
滑走路の延長の真下ではないかと推測します。
 もう一人の友達で、航空自衛隊の隊員に聞いたら、
自分は百里基地の官舎に住んでおり、
飛行場は目の前にある。
普通の鉄筋コンクリート製で特別な
防音施工はしていない。
しかし、省エネで真夏に窓を開けていると
離陸時にアフターバーナーを
吹かせるときなど腹に響く。
一番うるさいのは一回では済まない
エンジンテストだが、
基地内にあるサイレンサーに機体を
突っ込んでやれば基地内で座学の
授業を受けても全く気にならない。
 基地周辺の住民への騒音補償は
騒音測定をして、評価に基づいて処置されるから、
ただ「うるさい」と言っても、
根拠なく税金を投入するわけには
行かないのだと言います。
与那国島の町長さんのように、
沿岸警備部隊のための土地購入に、
べらぼうな金額を「迷惑料」として
吹っかけても、国民の税金を
ハイハイとは出せないのでしょう。
 厚木飛行場から横浜まで15キロぐらい、
全く騒音は聞こえません。馬毛島から屋久島まで
40キロ、西之表まで15キロぐらい。
また、南種子のロケット基地から
あの巨大なロケットを宇宙へ向けて発射しても、
騒音と感じる音響はせいぜい南種子町内でしよう。
ロケット打ち上げの音を騒音と思う人が
屋久島に何人いるのでしょうか?
 夏の夜、蚊のなく音が気になって
眠れないことがよくあります。
あれほど腹の立つ音はないものです。
蚊は俺の地を吸う、痛いやつだから
心底憎い奴なのです。
自衛隊も米軍も蚊のような
連中なのでしょうかね。

 ◎わが肘を食らひて肥りし蚊は
何処に居るかと探すぬばたまの夜
  

NO 2
2011年6月20日月曜日 10時01分07秒
peneさん、まず問題点を
整理してみたいと思います。
私の主張しているのは、
移設反対で挙げられているたくさんの理由が

1. 屋久島においてはすべて嘘である。
2. 西之表市においては騒音被害だけは間違いない。
3. しかしその程度は判らない。
4. したがって科学的に検証するべきだ。
というものです。

peneさんも騒音被害だけを取り上げていますから、
1と2に関しては同意されているものと思われます。
違いは3と4で、

3'. 自身の経験から騒音はとんでもないものである。
4'. 数字などいくらでも捏造できるから
科学的検証など無意味だ。

さて、こうなると水掛け論ですね。
確かに、お上や御用学者の言うことなど
信用できないというのは、
ほとんどの日本国民が思い知らされたことです。
しかし騒音というのは放射能などと
違って誰でも実感できることなので、
そうやすやすとは騙されないのでは
ないかと思います。
馬毛島にはすでに滑走路もあることだし、
まず実際に離着陸をやらせてみて、
それを西之表市でみんなが聞けば、
いっぺんに答えは出るはずです。
なぜそれを試そうと、
双方とも言い出さないのかが不思議です。

ところで私は、基地周辺で暮らしたことは
ありませんが、
長く東京やその近辺にいましたから、
騒音を経験したことは何度もあります。
確かに真上を通ったときの
轟音など耐え難いですね。

だからこそ住宅地の近くの基地など
なくすべきだと考えています。
できる限り無人島に移設するべきだ、
馬毛島が候補になるのは当然のことだ、
訓練施設だけでなく基地そのものの
移設も検討するべきだ、と。
しかし馬毛島は無人島とは言えども、
有人島にちょっと近いのが心配です。
だからまずはどのくらいの騒音になるのか
試すべきだと言っているのです。

もし種子島における騒音が沖縄などの
基地周辺と同程度なら、
私もこの移設には反対します。
その時はどこか離れた有人島で
高齢化、過疎化の進んだところを、
国が買い取って、住民には手厚く
移住の世話をして、
そこに基地を建設したらよいのにと
思うのですが。

基地そのものをなくす、米軍には出て行って
もらうという選択肢もあります。
その時は、尖閣諸島あたりは奪われてしまうと
覚悟しなければなりません。
まあ我々は泣き寝入りをすればよいだけです。
武力で取り戻そうとして若者たちが
命を落とすよりはましでしょう。
中国の思想では、沖縄をはじめ南西諸島も
中国領になるのだそうです。
しかしいくらなんでもそこまでは手を
出さないのではと期待するのですが。
まあ、こうしたことを我慢するのと、
基地の騒音を我慢するのと、
私としては後者の方を選びたいのですが。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。