ベコニアの地植えと殺戮


ベコニアの地植えと殺戮。

殺戮

毒ガス(アース)を噴射して殺戮して、
住居(巣)を破壊した。
アシナガ蜂の巣とスズメ蜂の巣の
2箇所を破壊した。
世界の紛争と同じことを私個人が行っている。
環境、自然保護など私はいえない。
日常の生活で環境、自然破壊を行っている。
汚水を川に海に垂れ流している。
自動車、ガスコンロで炭酸ガスを出し続けている。
お金はエネルギーの交換紙幣である。
エネルギーは環境、自然を破壊する。
だれもこの人間活動から抜け出せない。
欲望の所産である。
文明社会を謳歌している私。

足なが蜂の巣があったカポックを切ったので、
鼻の横を刺されてしまった。
私には足なが蜂がいることの情報もなければ、
足なが蜂に対する自衛手段を持っていなかったので、
奇襲され刺されてしまった。
やはり事前防衛手段が必要である。

これが国レベルになると
富国強兵である。
国が富むことにより福祉を享受でき、
国防が整って安全が維持できる。
浜の真砂は尽きるとも
世に争いの種は尽きまじ。

ベコニアの地植え

木陰にベコニアを地植えするため、
雑草の捨て場の堆肥100kgをリヤカーで運んで、
2箇所に散布した。

道路側に地植えしたベコニア。
画像

判日陰の庭側に地植えした3種類のベコニア。
画像


一番日の当たらないところに
球根ベコニアを1種類植えた。
1週間様子を見て他の品種を植える予定である。
画像

梅雨が明けて、植物が一機に生長した。
画像


21時、台所にものすごい量のアリ発見、
手で殺戮できる多さではない。
アリアースを噴霧して毒液で
皆殺しの殺戮を行った。

朝夕2回も殺生をした。
これほど身勝手で、残忍な私である。
並阿弥陀仏、ナンマイダ~。


Andre Rieu - Romantic Paradise Part 1 (2008)
http://www.youtube.com/watch?v=xxevg712Xec&list=RD020PaBpeOqPSg

私は文化遺産が好きである。
Andre Rieu Live at Schonbrunn, Vienna 2006
http://www.youtube.com/watch?v=AIEEj75qvoY
シェーンブルン宮殿
オーストリアの首都ウィーンにある宮殿。
ハプスブルク王朝の歴代君主が主に離宮として使用した。
現在、同宮殿と庭園群は世界遺産に登録されている。