屋久島崩落窯

アクセスカウンタ

zoom RSS 心不全の対策入院 −2

<<   作成日時 : 2013/11/14 21:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0


心不全の対策入院 −2

11月8日入院すると、まず利尿の注射を打たれた。
頻繁にトイレを往復して14時から翌07時まで
3000cc小便が出た。
それで8日の体重75.3kgが
翌9日72,5kgに下がった。
小便3000cc排出と体重減2.8kgの
つじつまが合う。
顔の腫れ
画像

10日には72,5kgが70kgになる。

1日の水分摂取量を1000ccに制限され、
3回300,300,400ccのお茶を供給された。
画像


体の浮腫みの水分が小便として出て行ってくれたので、
浮腫みが一機に引いていった。
画像

顔はまだ浮腫んでいる。
画像

利尿剤注射はすごい効力である。
10日から利尿剤の飲み薬となった。
6日間の入院の利尿剤で浮腫みが取れた。

11日は病院の設備のメンテナンスが、電気、
水周り、カーテンと業者が測定チェックしていた。
カーテンは1ヶ月洗濯をしながら交換していく。
体もメンテナンスチェックが必要である。
画像


13日退院の指示があったので、
12日は外出願いを出し、ベスト電器へ行く。
小倉駅海側のロータリー。
ごみもなく、人もいない静かな駅の裏である。
画像

駅の食堂街で
秋刀魚340円の刺身とビール290円
後の器のみ。
画像


650円の鳥南蛮定食
画像

このような食事と値段は屋久島では
受けることは出来ない。
ラーメン屋が3軒もある。
画像


ベスト電器行って、シャープ52インチTVが
12.5万円、ナショナル47インチTVが10万円である。
家内にTELして意向を聞くと、TVはいらないと言う。
問題は私がTVを見ないのに
55インチTVがあることである。
どうにかして、1階の30インチTVと
2階の55インチTVを交換することである。

病院に14時に帰り、医者が来られたときに
今回の病状について項目をメモして聞く。
1 3年前と現在の心臓の違いはどうか。
  変わりは無い。
2 今回の浮腫みの原因は何か。
  水分の取りすぎで、心臓に負担がかかり
  利尿が出来なかった。
3 心臓病の薬を調合して屋久島で薬をもらいたい。
  利尿剤を加えた現状の薬でよい。
4 今後の病気の対応は如何すればよいか。
  利尿剤を飲み、水分の摂取量を制限して、
  血圧を上げないようにすればよい。

明日13日は退院である。
つづく。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

心不全の対策入院 −2 屋久島崩落窯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる