炭化物の有効利用

炭化物の有効利用

炭化物の有効利用と炭化施設
http://www.totecno-tsu.jp/hp1doc/Outputcoalhp1.pdf

炭化物は燃焼させて、その熱を利用することである。
炭化物と灰は載せ替えトラック運送しないことである。
そのためには屋久島クリーンサポートセンター内に
設備を設けることである。
現在の排出炭化物量でいろいろな
エネルギー変換装置での、
建設費とランニングコストを試算して、
エネルギー変換装置を決めなければならない。
そのためには専門家に依頼すべきである。
素人があれこれその場しのぎの
小手先を使ってはならない。

役場のPCにも問題がある。
皆さん個々にPCが設置されているが、
各課に1台しかインターネットにつながない。
役場職員は自由にインターネットを
使えないのである。
更に議員はPCを持っていなくて、
操作できる人が多くはない。
世の中のことを調べ、情報を得ることは
屋久島では難しい。
長崎の出島の鎖国体制である。


それでもエネルギー変換装置を使っても、
エネルギの60%は大気に放出されるので、
さらにこの熱で温水プールを作ったらいかがであろうか。
エネルギー変換装置と
温水プールの建設費用は屋久島町民へ
利率1%で債権発行すると町民に有益である。