アメリカの友人エリックが屋久島へ

アメリカの友人エリックが屋久島へ

エリックは退職した会社のアメリカ関連の
会社の友人である。
エリックは6年前に屋久島に来たことがある。
それから比べればひげが白くなり、
カストロに似ている。

年に1回、日本本社に会議で来日する。
エリックは高校生16歳の男と
中学生13歳の娘を持つ47歳である。
私が50歳、彼が27歳の時からの付き合いである。

子供は学校に行かせないで
母親が自宅で教育している。
家族は皆英語とスペイン語を話せる。
子供たちははだしで、菜食で生活している。
息子はヤギの飼育販売と蛇を採っり
ベルト製作販売、コンピューター関係の
仕事をして小遣いをかせでいる。
ピアノとバイオリンを弾ける実践英才教育である。
エリックはテキサスで敷地11エーカー、4.5町、
4455へーべの土地での自宅での、
在宅勤務で仕事をしている。
テキサスのサンアントニオから車で
1時間のところである。

アメリカから日本への往復はダラス>ソウル>福岡
である。成田も大阪国際空港も
国内への乗り継ぎが不便であり、
成田の通関が混むので福岡の通関のほうが良いと言う。
成田ではなく羽田を国際空港にすべきだと彼は言う。
日本はハブ空港になりえない。
私も同意見である。成田は地元の反対で拡張ができない。
羽田は海に開けているので拡張が出来、騒音被害も少ない。
成田は貨物空港にすればよいと思う。


15日トッピーで屋久島の宮之浦9:45着のところ
フェリー乗り場に行ってフェリーに乗ってしまった。
12:30宮之浦に到着。朝昼欠食である。
早速食事に行った。

私のデタラメ英語を、何を言いたいかを理解して
正しい英語で直してくれるので会話ができる。

家内が英語の勉強中。さらに明日どこに行きたいか
計画中である。
画像


夕食は豚肉を食べないので、鶏と鮭、野菜の
寄せ鍋を提供した。アルコールはだめ。
来日して肉類を食べたので腹が出てきたと言う。
画像

画像


19時闇の中を平内海中温泉へ行く。
帰宅するとシャワーを浴びると言う。
温泉はプール感覚で風呂の感覚が無い。

16日朝06時起床で朝食。
フレンチトーストとサラダである。
画像


おにぎり弁当を持って白谷雲水峡経由で
太鼓岩に行く。
私も屋久島在住15年で始めて行く。

出発08時。

彼の身長は190cmである。
息子は190cmを超える。
菜食でも大きくなる。
画像


太鼓岩への登り。テキサスには緑の山がないので
山を楽しんでいる。
わざわざ登山靴まで持ってきている。
画像

画像


行きに「もののけの森」を見過ごして、帰りに
聞いてここがもののけの森と確認。
PR写真と違うので分からなかった。
画像

往復2時間半で太鼓岩まで行って来た。

このルートで感じたことは登山道が狭く、
木の根を踏みつけてのルートである。
ルートに赤いロープを引いて、
登山道を1.5mに広げて
コンクリートで舗装したほうが良いと感じた。
登山道から登山者を外に入れないことである。
登山道を整備すれば、それ以外の自然は保たれる。
その例がアメリカの国立公園が示している。
国立公園の維持管理者である国の怠慢である。

さて帰りのトッピー16:00に乗り込む。
片道9100円と高額である。
画像


エリックが家内と一緒にテキサスに来いと言う。
菜食に恐怖を感じる。
もう背が高くならなくても良い。

さらば!日本大好きな
エリック・ニーベ