穴窯再建73日目本体完成とアメリカ議会での演説  25日

穴窯再建73日目本体完成とアメリカ議会での演説  25日

06時起床、晴れさわやかな朝である。

安部総理大臣のアメリカ議会での演説
終戦70年目の今年において、中国との戦争、
韓国の合併に対して謝罪しないでほしい。
戦争と侵略はその当時欧米の常識政策であった。
戦後欧米は植民地に対して
謝罪も賠償をしていない。
韓国は侵略ではなく合併であるから
謝罪も賠償もすべきでない。
4世紀ごろから朝鮮は中国の属国であったことに
対して韓国は中国を非難しない。
中国も韓国に謝罪しない。
その時代背景で起こったことだから
後世の現在の感覚で非難されれるべき
問題ではない。
このようなことに総理が見解を述べると
更なる摩擦を生じるので、
歴史問題に触れないことである。

中国と韓国に対しては、
助けるな、教えるな、関わるな

庭は新緑である。
画像

画像


窯に仏様を設置してうまくいくように
祈る。
画像


焼結粘土を掘ると石が出てくる。
画像


川側に断熱材を張る。
画像


2時間かけて張り終えた。
画像

画像

断熱材は合計70mmの厚さである。

11時半、図書館に行き本の貸借をする。

12時に帰り着き、昨夜のいなりずしを食べる。
昨夜から稲荷ばかり食べている。

13時から外壁の石の隙間に粘土モルタルを
叩き付けて断熱を計る。
外壁の石が熱くなることは無いが、
石の隙間から熱が逃げるので塞いだ。

通路側
画像


川側
画像


15時窯本体は完成した。


これから周辺設備を作る。
雨水が窯に入らないように
川へ水路を作る。
画像


窯の前に薪作業場所を作る。
画像


16時から酒の肴を作る。
12時に出汁に漬け込んでいた。
砂ずり、セセリ、ごぼうを揚げる。

セセリと砂ずり
画像


ごぼうとナス
画像



明日は産業祭があるので、
馬の引き回しの手伝いに行く。
12時に終われば打ち上げである。