屋久島産業祭  24日

屋久島産業祭  24日

朝から雨。
カッパを着込んで、昨日荷造りした陶器を
軽トラに積み込んで、屋久島産業祭会場へ行く。
屋久島産業祭会場は屋根つきゲートボール場
で荷下ろしして売店を設営する。
10年ぶりの参加である。
画像


15点ぐらい売れて売り上げ1万円であった。
収入として来年税務申告する。
画像

外は大雨である。

15年前の売り上げは13万円ぐらいで、
5年目には4万円と売り上げは激減した。
10年前に不参加したのは丁度2町合併時期で
屋久島産業祭を開催するのかどうか分からない時期で
町からの開催通達が無かったからである。
其れで有志独自に尾の間の道路で市を開いた。
その年は夏祭りで屋久島産業祭が安房で開催された。
次の年も屋久島産業祭が何処でいつ開かれるか
分からなかったので不参加を決めた。
参加するには4ヶ月前から陶器を製作しなくては
ならず、分からないのであれば
すぐには展示できないからである。

15年前の屋久島産業祭から比べれば
すべてが高齢化である。
展示者はほぼ固定化していて、その方たちが
15年経過して高齢化している。
私もその一人である。
来客者も高齢化して少ない。
屋久島全体が高齢化していることが伺える。

15時雨の中撤収して帰宅する。
カッパを着ていたがズボンはずぶ濡れである。
すぐに竹の子ご飯を作る。
肴は日田のウグイの佃煮である。

17時には寝た。朝が来たと起きると
まだ23時ある。6時間の熟睡である。