OB会と窯めぐり   7日

OB会と窯めぐり   7日

3日に屋久島から福岡に飛ぶ。
1時間で福岡空港に到着する。

博多天神から西鉄大牟田線で柳川行くが、
乗り過ごして大牟田から引き返して柳川駅で降りる。
16時、柳川駅の近くには人が居ない。
バスでカンポの宿に行くが、車内は二人だけ。
地方のバスの乗客は少ない。時間帯と乗車人数の関係で
大型バスではなくマイクロバスを運行するほうが良い。
屋久島も同じである。

OB会12名出席。上は91歳で71歳の4人が一番若い。
皆往年の設計部門の人である。
画像

私も老けたが皆さんも老けた。
一人だけ名前を思い出せなかった。
私が皆さんに会ったのは新入社員のころである。
それから50年、よく生きてきたと思う。
話すと30年昔の面影がでてくる。

4日
OB会は朝08時解散した。
来年は4月1日博多沖の大島と決まった。
大島(おおしま)は、響灘と玄界灘の
境界部に面する福岡県宗像市の島(有人島)である。
筑前大島ともいい、宗像七浦の一つである。

4日柳川駅から諸富を経由して佐賀駅に行った。
ここ佐賀駅も閑散としている。
ここで何処に行くか考える。
唐津に行くことにした。

唐津の駅前商店街。
画像


天然鯛のかぶとが安い1個700円。
画像

画像



唐津焼きの陶器を見て周り、伊万里に行った。
駅に伊万里焼の看板が多数出ている。
私は佐賀で鍋島焼きと有田焼しか窯元を知らないので
明日は伊万里焼の窯元に行くことにした。

ここ伊万里駅も閑散としている。
駅から歩いて5分のビジネスホテルの
シングル2800円が満室でダブル3500円
に泊まる。朝食付きである。
ここは工事関係者の人が多い。
画像


5日

5日バスで伊万里駅から伊万里焼の窯元に行く、
見覚えがある風景である。
13年前行った鍋島焼である。
店で伊万里焼か鍋島焼かを聞くと
行政指導で伊万里焼になっている。

すでに窯は全てプロパンガスで、薪は使っていない。
展示用として登り窯を見た。
陶器祭りの時に火入れする。
画像


薪は色々な雑木である。
画像


ある解説に乗っていた窯名称の違い。
伊万里焼:
 江戸期に伊万里港から出荷された有田、塩田、
波佐見、三川内などで焼かれた磁器一般の名称。
すなわち、産地の名称ではなく、出荷された港の
名称を冠したものである。しかし、現在の「伊万里焼」は
鍋島の伝統を受け継ぎ、大川内山で焼かれている物をいう。

私見:安い、品が良くはない。

鍋島焼:
 江戸期に鍋島藩の御用窯(大川内山)で焼かれた、
いわば特注品をいう。色鍋島、鍋島染付、
鍋島青磁のジャンルがある。

私見: 高い。繊細で品がある。清楚で余白の美がある。
伊万里の里の中で店によって
伊万里焼きか鍋島焼きか区別されている。

古伊万里:
 現在の伊万里焼と区別するために、
江戸期から明治初期にかけて焼かれた伊万里焼をいう。

有田焼:
 一般に有田で焼かれる現在のものをいう。
すなわち地名由来の名称(波佐見焼、三川内焼も同様)である。

私見:豪華できらびやかであるが、中国風である。
   大量生産で安い。


さらに有田に行く。
有田駅から45分歩いて卸団地に行く。
バスが通ってない。
閑散として半分の店が閉めている。
画像


見て回るが有田焼はごてごてで好きではない。
画像

その日の内に博多駅に行く。
大勢の人が行きかっているが、
ゴミもなく清潔な町である。
画像

画像


会員権を持っていたので駅前のカプセルホテル
2800円に泊まる。
そこで飲み食いして別に3500円かかった。

6日 08時にホテルを出るが駅前の開店は
10時からである。かき上げ金物を購入するため
ダイソーを見つけて10時まで待つ。
108円のものを8点ぐらい買い物をする。

PCの修理店も10時開店で鹿児島にTELすると、
水がかかったPCは修理不能。
エピソンの無線を受け付けないPCはHDDの不具合で
交換しなければならない。
見積もりとして2台検査費を含めて25000円である。
屋久島でも我が家の付近は雷のアースの通り道で電気品が
よく故障する。近くで雷がならなくても、
遠くの雷で配線に青く綺麗な火花が散る。
クーラー2台、PC4回、冷蔵庫1回も雷で故障した。
家財保険に入っているのでお金は問題ないが、
新品を入れただけでは済まず復旧が大変である。

目がぼやけるので博多駅5階の眼科へ行く。
左目の視力が落ちて、さらに網膜はく離に
なりかけているとの診断である。
後日レーザー手術をするように言われた。

14時20分の飛行機の搭乗手続きで
コンロの着火ライタ108円を取られて、
屋久島へ帰宅した。

本土の食べ物は屋久島に比べ安くてうまい。
ただ外食は塩気が多くて塩からい。
ガソリンが屋久島127円と比べて
110円前後である。
地方都市は閑散として活気がない。