領土は国の威信の信念 12日

領土は国の威信の信念 12日


領土は国の威信をかけた、「俺のもの」との信念です。
領土に歴史とか正義とかは通用しない。
強い信念の者の領土です。
既成事実の占領者が強い。

そうゆう意味で北方4島と竹島は
帰ってこない。
特にロシアから北方4島を前に
ぶら下げられて、経済援助で金だけを
とられるだけ。
絶対に島は帰ってこない。

日本が植民地政策に乗り出したころ、
欧米はすでに植民地政策を執っていた。
そこに黄色人種の日本が欧米植民地に
入り込んできたから戦争になっただけ。
今までの歴史では、国の栄枯盛衰で領土も変わる。
始め、土地は誰のものから始まると、
強い集団のものから始まる。

欧米も支那(シナ)も時代によって
国名と領土が変わっている。
中華人民共和国から次はどんな国名に
変わるか?
支那(シナ)の領土変遷
http://www.ugoky.com/chizu/ugoky_chizu.swf
ヨーロッパ6,000年の歴史
http://www.gekiyaku.com/archives/38130036.html