五島の福江から熊本の人吉へ  4日

五島の福江から熊本の人吉へ  4日

福江港07時半発の高速船で長崎港
09:20に着くため06時に起きて、
宿を出る。
長崎駅から諫早へ、ここで乗り換えて
1両のワンマン電車であるが、
今回は3両編成で島原港へ行く。
途中200人の老人観光集団が乗り込んだ。
付き添いのガイドが列車からの観光案内が
行われた。
画像


話題になった諫早の干拓地が延々と続く。
画像


島原港から熊本港へ。
山は雲仙岳。
画像


50年まえ熊本港など聞いたことがない。
港と言えば三角港である。
熊本には貿易港がない。
新規に工業団地と港を建設されて
周りにはまだ何もない。
画像

建物はあるが人がいない。
画像

八代で鹿児島本線から肥薩線に乗り換えする。
各駅停車であるが観光列車で座席指定である。
その観光説明の中に八代から鹿児島への
鹿児島本線より輸送防衛のため肥薩線が先に
敷設されたと説明があり。
登と下りでスイッチバックがあり運転手が
移動方向の先頭に移動する。
各駅で5分ぐらい停車してその村の
PRが行われる。風景がいいところでは停車する。
面白い運転である。
人吉駅に17時到着。
まだ紅葉は見られない。
私が常飲しているコメ焼酎白岳の産地である。
観光案内地図でゲストハウスの近くに
何もないので、20分歩いて途中のスーパーで
ビールと弁当を購入。
しかしゲストハウスの周りには色々な店があった。
このゲストハウスは新築で今日は私一人である。
設備は新品であるが、まだゲストハウスの
準備ができていない。
画像


球磨郡(くまぐん)は、4町5村で
人吉市3.4万人とは合併せず、独立を守った。

帰宅した後、Mailで4日に熊本の母校の
120周年記念式典があったと連絡があった。
まったく記憶になかった。
母校愛がなく、ボケのなせる不義理である。