チェーンソーの故障 24日

チェーンソーの故障 24日

電動チェーンソーが動かなくなった。
チェーンソー側のカバーを分解してみたが
故障個所を発見できなかったので、
サムズに午前中に持っていったら、
午後には治ったとの連絡があった。
1時間の修理である。
原因はモーターの整流カーボンブラシに
異物が挟まっていたとのこと。
モーターカバーの隙間は空気取り入れ口
画像


持ち帰りモータ側カバーを剥ぐってみたら
モータ内部に多くの木くずが入っていたので
掃除機で吸いながら掃除をする。
画像


下部の隙間は空気の排気口。
ここも詰まっていたので吸引しながら清掃する。
画像


モーターカバーの隙間から木くずが入るので、
ナイロンメッシュと掃除機の紙フイルターのみを被せる。
画像

画像

この方法は過電流とモーターの冷却に問題が
ありそうだが、紙フイルターからは十分空気を
吸い込んでいるので問題はないであろう。

西側ベランダの修復
腐った梁を外しているので、
下からジャッキで支えている。
画像

ベランダの取り換え梁の小口を刻む。
1か所1時間はかかる。
画像

小口7か所中、残り2か所である。
画像

この小口に入る4か所の梁も腐っていたので
継ぎ足しで90角梁に取り換える。
継ぎ足しを補強する方法の独り作業が難問である。
両側から40mm板をココークボルト
M9*180で締め上げ、ステンレススクリュウ釘を
打ち込む予定である。継ぎ足し箇所をシール剤で
防水する。


屋久島町職員が入山金数千万円着服との記事。
新庁舎も4億から24億にあれよあれよと増大、
これも民主主義の詐欺である。
何処も似たり寄ったりの屋久島である。
屋久島町行政と首長が何もしても、
町民は国の財政で管理されているから
町民の税負担は変わらない。
屋久島は民主主義制度の島である。
ただ島民の所得増加とインフラ恩恵を受けないだけである。
転居して19年前と今のインフラ恩恵は変わらない。
島民の若者は島外へ出ていく。残るは老人ばかり。
我が家のベランダと同じで時がたてば腐っている。