ホンダ芝刈り機キャブレター修理部品  11月25日

ホンダ芝刈り機キャブレター修理部品  11月25日

ホンダ芝刈り機(アメリカ製)HRX2172HXA MAGA1559187が7月ごろから不調で、エンジンの動きが安定しない。ガソリン供給が悪く安定していない。それでキャブレターを10回ほど分解洗浄したがなおらない。それでキャブレターを一式購入することにした。国内販売している型式と違いキャブレターの品番が分からないので、鹿児島市内のホンダ汎用機修理店へキャブレターを送ることになった。

写真Aは11月9日に型式確認のため私が修理店に送った部品である。
A
P1030834.JPG

B写真は修理店が11月22日送ってくれた3個の部品である。
B
P1030837.JPG

C
この部品が修理部品の中にはいっていない。
P1030829.JPG 

C写真の樹脂スペーサ溝とキャブレター側の溝の
役割が分からない。金色の玉がなぜ必要かも分からない。
P1030830.JPG

Cの写真の樹脂スペーサ厚さ7㎜の部品が不足してキャブレター本体とエアーフィルターボックスの間に既存の鉄のプレートが有るので、鉄のプレートを押し曲げることになる。
P1030840.JPG
既存のCの樹脂スペーサとパッキンを使用して再組立てを行った。一発でエンジン始動し、音も順調で息切れしない。芝のカッター始動でもスムースにエンジン全開である。
やっと11月25日、不具合の自走式芝刈り機が6か月ぶりに治った。
P1030682.JPG