鹿児島離島航空割引カードの必要性

スノーポピーが咲き誇る。
P1040210.JPG
夕方の写真
P1040208.JPG

鹿児島離島航空割引カード有効期限が切れそうなので、写真を購入して27日午前中に申請して直ぐに再交付してもらった。鹿児島離島航空割引カードがなぜ必要か、住民証明であれば健康保険証か運転免許証でもよいのではなきかと聞くと答えがなかった。帰宅して調べた。
「鹿児島県は2017年有人国境離島法に基づく国の交付金を使い、4月1日から種子島、屋久島などの対象地域の住民が航路や航空路を利用する場合の運賃軽減を実施する方針を発表した.」カードは交付金をもらうため手続き上ナンバーが必要のようである。個人的利益になるので申請する。
マイナンバーカードは個人的利益がないため申請しないようである。
「マイナンバーカードは運転免許証のような身分証明書として使えますが、そもそも取得するかは個人の任意。 総務省によると、2019年3月時点のマイナンバーカード普及率(人口に対する交付率)は13.08%だそうです。」
個人申請ではなく、国がマイナンバーカードを個人に発行すれば済むことである。

27日、妻の依頼の植木鉢をひもづくりで製作。
高さ180mmで止めて乾燥させる。
P1040209.JPG
29日積み上げて完成。
高さ280mm内径320mm
P1040214.JPG
タイヤが2個パンクしたが、どこから漏れているか分からない。空気を入れると使用可能である。軽トラの駐車場の砂利を整備して石を敷き詰め、砂を60㎏流し込む。
P1040212.JPG
モルタルで石の隙間を固める。
P1040213.JPG
タンカンの花が咲いて薫。
昨年と比べて花が多い。
P1040215.JPG