日本経済再生   26日

製造業の繁栄こそが、国家の繁栄、国民の幸福.

岸田総理の新しい資本主義の内容が見えてこない。これから物価が上がりインフレーションになる中で賃金を上昇させる手が見つからない。金融政策はすでに限界で打つ手がない。行政が企業の賃上げを強制できない。住宅バブルの崩壊がリーマン・ショックで金融証券を日本がつかまされて損をしたが、現物はアメリカに残り資産を増やしたのはアメリカである。再度金融投資が行われようとしている。アメリカが投資で儲けた後のババ抜きに日本がはめ込まれるのを懸念する。経済学者と官僚からの日本経済再生の提言を聞かない。

金融ではなく産業優先(物つくり)のドイツが経済政策に成功している。昔の日本を見習った方が良い。金融は産業を下支えする手段である。

「独り勝ちのドイツ」と日本はどこが違うか
https://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/iwamoto-koichi/18.html
ドイツ経済の強さは、どこからくるのか。その背景は科学的に証明できている訳ではないが、筆者の調査から得られる印象は、次のようなものだ。
(1)ドイツ人はお金を稼ぐことに「素直」「正直」である。国の仕組み全体が、教育も含め、モノを作って世界に売り、お金を稼ぐためにできあがっている。優秀な「made in Germany」の製品を開発し、世界市場で売るという「基本に忠実」である。日本人はお金を稼ぎたいという本心を隠し、社会への貢献を強調したりする。
(2)ドイツは製造業の繁栄こそが、国家の繁栄、国民の幸福、という国民の大きなコンセンサスが感じられる。自分たちは製造業で食べていく、という国民全体の強い意志、製造業の競争力強化のための投資であれば無条件で容認されるという雰囲気がある。

肩が痛い、首が痛いと言っても医者は高齢ですからと言って治療する気持ちがない。支払い金額130円である。リハビリとつぼでの自主リハビリをおこなっている。
毎日鼻血が出るので、今日徳洲会で傷口をレーザーで止血した。血をさらさにするエリキュースを服用しているので、この止血で血が出ない保証は出来ないと言われた。

帰りにかつ丼を食べたが、私にとっては塩辛くて困った。外食は当たり外れがある。

ワイワイランドで豚バラブロックを9本約4.5㎏購入した。友人からベーコン3㎏を依頼されたので、味を逃がさないで柔らかくをテーマに試作する。これまでの40℃、6時間は乾燥しすぎである。まずは1本500gを試してみる。




晴天だが寒い20℃  11月27日

ブーゲンビリアが島中咲き誇っている。ポインセチアも葉が赤く染まり始めた。
CIMG0305.JPG
今日もグアバジュースを1.5L制作。70℃まであげて殺菌して冷却する。ドロドロのジュースである。
CIMG0303.JPG
冷凍庫に14L保管されている。ジッパーの方が収まりが良い。
CIMG0307.JPG
3月収穫のタンカン。日に当たるところが黄緑になった。
CIMG0306.JPG



ゴボウの天ぷらを揚げる。  26日

数か月懸案事項であった事に尻が上がって、ゴボウの天ぷらを揚げる。
何回も天ぷらの揚げ方はYoutubeを見て勉強した。
1 油は180度、天ぷらは1度に1個上げる。温度を下げない。
2 衣は天玉がぱっと広がるぐらいの硬さで、ゴボウにその点玉をかき寄せて天ぷらを形成する。

https://www.youtube.com/watch?v=-wNE4ojK6xo

https://www.youtube.com/watch?v=aj7pi2K_8W0&t=63s


やっと荷が下りた感じである。




馬肥える秋  25日

Thank You食堂にエビ・ヒレカツ定食を食べるために行った。家内は3回目、私は2回目である。11:37に行くとすぐに満杯になった。海老・ヒレカツ定食を注文する。ご飯が美味しくヒレカツも厚くて柔らかである。米は愛知県から仕入れているという。「予は満足である」という気分である。

干し柿を取り込んで、56個冷凍保存した。地下室の冷蔵庫は満杯である。後4Lのグアバジュースを保管しなければならない。地下室の冷蔵庫480Lを止めて540Lを再稼働して移管した方が良い。

最近糖度高いものを食べているので62㎏が65.5㎏まで超えた。腰回りを縮めたズボンがきつく成った。夫婦揃って馬肥える秋である。

コピー機がおかしい。カラー色を使わないのにインク交換信号が出て印刷できない。コピー機のカートリッジケースがカートリッジ交換位置に来ないのでインクの交換ができない。Epsonに電話しても治らない。修理は送料3000円、修理7000円で税込価格11000円と言う。カートリッジ交換位置にケースを故意に止めてカートリッジを入れ替えた。何度もクリーニングを行い正常に戻って、印刷が出来るようになった。




同じことの繰り返し    24日

図書館で本の貸借を行う。
22日尾之間のThank You食堂でご飯を食べた瞬間、13年前魚沼道の駅のおにぎの味と同じだと思った。このご飯が気になって仕方がない。明日25日食堂に行く。

ベビーレタスを採って食べているがプランタンはいつも満杯になる。
CIMG0298.JPG

柿が干しあがった。糖度50度を超える濃厚な甘さである。大事に食べていく。25日サランラップに個々にラップして冷凍する。糖分で凍ってしまわない。
CIMG0299.JPG


グアバの実が溜まってきた。
CIMG0300.JPG
またグアバ18個で2Lのグアバジュースを作る。
70℃で殺菌して、リンゴ酢を少し入れる。ジッパー袋に入れて冷凍保管。
CIMG0301.JPG



外食  22日

午後から鍋一杯のグアバジュースを作る。まだ木に実っているので3杯ほど出来そうである。

干し柿に昨日アルコール消毒したが、今日カビが広がったように見られる。すべて煮沸消毒して室内に吊るしたが、夜晴れたのでベランダに吊るし変えた。

17時から尾之間のThank You食堂に行ってトンカツを食べた。ヒレカツを頼んだが昼で売りきれである。久しぶりに歯ごたえのある厚いトンカツを食べた。驚いたのが、ご飯がうまいことである。屋久島で20年ぶりに価格と物の価値が適合した。トンカツが大きいので、エビとトンカツ定食が良いと思った。





素人のコロナ対策提案

コロナ禍で第6波が来ると予想して対策を立てた方が良い。転ばぬ先の杖である。3回目のワクチンを先に誰が打つか。高齢者からではないと言いたい。
日本は高齢者3600万人より壮年労働者を大事にしなければならない。
1 島外の人と接種する人 観光業関係の人
2 島外に行って仕事をする人
3 医療従事者、役場職員

高齢者と言うが引きこもって他人と接触が少ないので後からでよい。
ワクチンを接種しないのは個人の自由であるが、他人に迷惑をかけてはいけない。
ワクチンを接種していない人は赤い腕章をつけてほしい。赤い腕章には寄り付かないから安心であろう。






外食入店できず。    20日

3日ぶりに晴れ、干し柿はカビが生えていない。元々が甘柿なの1個食べてみる。5㎜ぐらい熟して柔らかくなっていた。
CIMG0294.JPG

グアバジュースを2倍に薄めて飲む。
CIMG0295.JPG

湯泊の方が薪を貰いに来られた。背負子を持ってこられて、10回ぐらい運んで乗用車の後ろに乗せて帰られた。多分150㎏ぐらい運ばれたのではなかろうか。前輪が浮き上がってハンドル操作が難しいのではないかと心配する。私より3歳若いので元気な方である。お礼にドラゴンフルーツをいただいた。
CIMG0296.JPG
21日切ると、中まで真っ赤。
ドラゴンフルーツに豊富に含まれるカリウムには、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出する働きがあります。 その作用はむくみの軽減につながりますし、塩分を排出して血圧の上昇を防ぐことから、高血圧の予防にもなります。
CIMG0297.JPG

南東の角地の木を3本切り倒して日を入れた。家内からセンスがないと小言。

夕方レンガ屋に焼き肉を食べに行ったが予約制で入店できず、普段外食しないので代替の店を知らないので帰宅。家内はネットで調べたと言うが、私が調べるとコロナ禍で変更されているので電話で確認くださいと書いてあった。当分電話確認した方が良い。





屋久島の民謡    20日

屋久島に民謡があることを初めて知った。屋久島の民謡「まつばんだ」を始めて聞きました。意味は全く分かりません。
https://www.youtube.com/watch?v=LepquUW-tPA

屋久島で2020年11月から 民謡「まつばんだ」が時報に
「時報を屋久島の民謡へ
これまで町の防災行政無線の時報では、一般的な童謡などを使用してきました。
この時報を屋久島の民謡に替えて流すことにより、伝統の継承をはじめ、若者と高齢者との交流や結びつきを強くしたいと考えます。それにより、地域力の育成や向上、災害時の共助の促進につなげることを目的としています」
https://yakushima-time.com/5193/
まつばんだとは
屋久島に伝わる民謡で、島の自然や村々の情景の素晴らしさを讃える歌です。歌詞は鹿児島の方言を含む大和系ですが、音階は「レ・ラ」が抜けた「ド・ミ・ファ・ソ・シ・ド」いわゆる「琉球音階」で構成されていることから、本土系と南方系の文化が入り混じった民謡であるといえます。
まつばんだは、集落単位ではなく町内全域で歌われていたことから、屋久島町の象徴的な民謡といえます。]

20年間集落で「まつばんだ」を聞いたことがない。一度木こり歌を聞いたが、それは熊本の民謡であった。屋久島に民謡がないのはどうしてだろうか。「まつばんだ」は本当に屋久島の民謡だろうか。この話題には移住者だけが出てくる。

鹿児島県熊毛郡屋久島町 2021年12月1日から防災行政無線チャイム 17時 新音源「夕焼け小焼け」
https://www.youtube.com/watch?v=7720os3bfe8





『あたらしい憲法のはなし』1947年中学1年教科書 18日

今日は雨で、室内作業。昨日干し柿を製作したが、続きで今日も28個の干し柿を製作した。ちょうど雨なのでカビを心配している。明日からの晴天を期待する。
山本周五郎の本の朗読のYoutube欄に新しい憲法のYoutubeがあったので聞いてみた。

『あたらしい憲法のはなし』1947年中学1年教科書
https://www.youtube.com/watch?v=jBwQhg2aIEE

『あたらしい憲法のはなし』は 太平洋戦争終結後に短期間使用された、中学校1年生用社会科の教科書。 1947年8月2日に当時の文部省は、同年5月3日に施行された日本国憲法の解説のために新制中学校1年生用社会科の教科書として発行した。 「憲法」「民主主義とは」「國際平和主義」「主権在民主義」「天皇陛下」「戰爭の放棄」「基本的人権」「國会」「政党」「内閣」「司法」「財政」「地方自治」「改正」「最高法規」の十五章からなり、日本国憲法の精神や中身を易しく解説している。 1950年に副読本に格下げされ、1951年から使われなくなった。 」
1934年生まれ以降3年間、現在87,88,89歳の人がこの本を習ったことになる。聞いていて民主主義で代表を選ぶ解説に疑問を持った。国民が知らされて選ぶという思想が抜けて、すべてのことを代表に託したわけではない。今でもこの必要条件が抜けている。国会で審議されている議案内容を公報機関で知る人はいるだろうか。憲法改正事項も内容が審議もされず国民に知らされていないのだから国民には議論の余地がない。
戦争放棄も敵が攻めてきたらどうするかを解説していない。75年経過して今でも、衛星国以外軍隊と交戦権を持たない国はない。アメリカの援助のもとにコスタリカも交戦権も徴兵権を放棄していない。さらにコスタリカを侵略する国が現在あるかどうかである。日本は中国とロシア、朝鮮から軍事的威圧と嫌がらせを受けている。それでいて相手は仲良くしましょうと言う。おかしな不思議な日本である。
日本国民は与えられただけで、感情論で民主主義を受け止めていないだろうか。





秋の味覚の処理    17日

秋の恵みのグアバと柿を料理する。
グアバの実が40個ぐらいある。
グアバの効能
https://agri.mynavi.jp/2020_06_28_123068/
CIMG0265.JPG
6個切る
CIMG0269.JPG
6個分のグアバと少量の水をジューサーに入れて攪拌する。
CIMG0268.JPG
濾して種を摂る。
CIMG0267.JPG
これを3回繰り返すと鍋が満杯。80℃まで上げて殺菌。ジャムの様にドロドロで飲む場合2倍に薄めた方が良い。
CIMG0270.JPG
4個のジッパーに入れて冷凍保管
CIMG0289.JPG
もう2回分残っている。さらに黄色に成った実を収穫している。放置すると落ちて腐るか、鳥に食べられる。今年は鳥が少ない。
CIMG0293.JPG

葉大根を採取する。
CIMG0271.JPG
塩でもんで一夜漬け
CIMG0292.JPG
生ごみコンポストが満杯になったので移動させる。
CIMG0272.JPG
新しいところに穴を掘る。
CIMG0273.JPG
コンポストを移動させる。
CIMG0275.JPG
生ごみの中は畑の畝に入れる。
CIMG0274.JPG

28個の甘柿の皮をむいて熱湯につけて殺菌する。
CIMG0287.JPG
ひっかける金具も殺菌する。
CIMG0288.JPG
金具に吊り下げて干す。
CIMG0291.JPG

柿は未だ28個残っているので、もい一回同じ作業をして干し柿を作る。

家の西側の小川の排水工事を行う準備をしている。ここは本来川ではないが、窪地なので雨が降ると濁流になる。上の山の中腹にサル柵の基礎が出来て、山の排水が分散から集中に流れが変わり道路のU字溝に集まり、その水かこの小川に流れるようになり、隣の畑を洗い流し始めた。さらに縦に張られたサル柵の基礎の下を洗い流し始めた。この縦のサル柵は上下オープンなのでサルの侵入予防にはないっていない。高電圧はかかっていない。ただ柵があるだけである。どなたが施行したのだろうか。
この際無用であれば破棄してほしいものであるが、他国の者が口出しできない。国策で行った事業は10年で見直して監査した方が良い。これが利権の温存になっている。
CIMG0277.JPG
CIMG0278.JPG
CIMG0282.JPG
上に登っていくとところどころ木に赤と青いテープがまかれている。
CIMG0284.JPG
ここに大きなU字溝が構築される。
此処は川が右と左の二股になっている。左が山の排水、右が中間からの湧き水が流れる。
CIMG0283.JPG
青いテープが巻かれた木は工事に邪魔になるので伐採されると思われる。
CIMG0286.JPG









秋の味覚の柿   16日

6個*2,400円で買った熟れすぎた柿を冷凍保存して大切に食べている。
CIMG0263.JPG
熟した柿がシャーベットになっている。
CIMG0264.JPG
干し柿が6個680円を500円で売っていたので食べると甘くない。再度紐に吊るして4日経つと白く吹いて甘くなった。手を加えればうまくなる。甘木の友人から甘柿が11㎏送ってきたので、明日から皮むきしてほし柿を作る。熱湯で消毒して干すのがポイントである。柿をひっかける金属も煮沸消毒しなければならない。

大量のグアバの実が一気に収穫できたが一気に食べることはできないので、保管が出来るジャムを作ることにした。

ヒメシャラが伸びて電線を超えた。
CIMG0260.JPG
梯子を登って鋸で剪定した。
CIMG0261.JPG
明日は2本の木を根元から排除する。
CIMG0262.JPG




小食になった。  15日

昼食に栗生の松竹に行った。私はうな丼セット、家内は天丼セットで、両方とも掛けそばついているので2食食べたことになる。夕食時腹満杯で食べることが出来ずパス。普段2食でご飯は140gとおかずは少しでよい。腹7分ぐらいがちょうどよい。

あと行きたい食堂はのどかの箱弁当、Thank you食堂トンカツ、レンガ屋の焼き肉を食べたい。
2021年11月15日 写真
朝07時北西の山が朝焼けで赤く染まった。
CIMG0244.JPG
CIMG0254.JPG
CIMG0253.JPG
庭のべコニヤ1年中咲いている。シュートを根元から切る。切ったところからしっかりした枝が出てきて花を咲かす。
CIMG0249.JPG
CIMG0250.JPG
CIMG0251.JPG
CIMG0248.JPG


駐車場の山茶花、咲き掛けは桃色で咲くと白に変わる。
CIMG0246.JPG
CIMG0258.JPG
CIMG0257.JPG
ランタナ 1年中咲いているが1~2月ごろ花が薄くなる。そのまましていくと大きくはびこるので12月ごろにバッサリ剪定する。
CIMG0255.JPG
CIMG0256.JPG

日の当たらに場所の南天
CIMG0259.JPG
ベビーリーフが採れる。
CIMG0252.JPG


天ぷらの作り方を見る  14日

朝16℃になって寒くなってきた。無理な希望であるが長期間10℃以下になってくれれば春の花がよく咲く。

1998年のミシガン州からカナダへ抜ける75号線の秋
o1080081014285214567.jpg
o1080081014285214734.jpg
o1080081014285214799.jpg

この1か月、ごぼう天を作ろうと思うが、体が動かない。最近、尻が重くなって怠惰になってきた。まだ庭の手入れの方が動きやすい。昼間は動労をして昼と夕方は食事を作って、夜はPCで山本周五郎の朗読をきいて24時から本をよんでいる。世の中から疎くならないように毎日NHK17時のニュースは聞いて、新聞は6カ国の日本語新聞を読んでいる。

割引とか商品券を貰っても行きたい、食べたい店を私はあまり知らない。人口が少ないので薄利多売の店が出来ない。
【セルフうどん】茹でるのはお客さん!?天盛うどんの朝の仕込みに密着 
素うどん280円 天ぷら90円。
https://www.youtube.com/watch?v=9B9BmK-r7gU
アルミの皿の上にごぼう素材を乗せて油で揚げることには感心した。

なだれ込む怒涛の注文!!驚異の早技でさばく活気あふれる巨大蕎麦屋に密着
https://www.youtube.com/watch?v=iMNnJzQ9u_0

40年前まで北九州では11~3月だけしかサバは食べなかった。11月に入ると寒鯖の季節になる。脂が乗って煮つけ、刺身、胡麻サバが美味しい。今1匹2000円ぐらいであろう。今では1年中ノルエー産の脂の乗ったサバを食べる習慣になっている。ただ生もので食べることが出来ない。

屋久島の習慣として悪いことをしても、罪悪感がなく、悪いことをした人と庇った人が集落区長と町民の支持で議会に当選して町政が行われる。これが民主主義の前に、恥を知らない屋久島である。





日々の記憶確認   8~12日

コードレス掃除機にバッテリーで日本製品の代替え品と銘打って中国メーカー価格が1/3~4ぐらいでAmazonと楽天、ヤフー販売されている。仕様道理の製品であるのかどうか外部から分からないので私の判断は難しい。問題があれば詐称した販売店であろう。安くて良いものは売れるので貿易には良いことであるが、詐称仕様のものは排除しなければならない。メンテ、予備品か必要なものは日本メーカーMade in chainが良い。アイリスオオヤマ製品が中間的価格と立場で無難かもしれない。

へごの木を2本伐採したが雨で水分を含んで動かせなかったので1m毎に切断して薪小屋に運んで乾燥させた。

9日はヤスデ殺虫液の散布の日である。我が家以外に3軒も依頼したつもりがつもりに終わって実施できず、3軒は1週間後となった。確認のため本庁に行って3軒と日程を確認してきた。散布液体はヤスデ殺虫に良く効くので散布液体を配布できないかと聞くと農薬の分類なので配布できない。農協と話してみることにする。

切れない選定鋸が4本あり2日間かけて鋸の目立を行い、切れるようになった。

10日10:30は徳洲会の整形外科で肩の痛みの治療をする。1回目は痛み止めのロキソプロフェイン錠剤で蕁麻疹が出たので中止、2回目はヒアルロン酸注射したが全く痛みは止まらない。今日が3回目の治療である。
ヒアルロン酸注射と痛み止め注射をしたら1時間後痛み止め注射したとところが痛み初めて、腕を動かすこと大変痛い。すでに整形外科の先生はいない。


10日13:30から肺癌転移検査のCTと腫瘍マーカー結果の診断を受けた。
CT画像では肺癌は見つけることが出来ないが腫瘍マーカーの値が上昇気味であるから、検査期間を6カ月から3カ月にするとの診断である。次回は1月12日である。男子平均寿命81.6歳で今年77歳であるから残り4年である。76歳で肺癌手術から5年生存率70%、10年生存率は34%ぐらいである。

 2割プレミアのしょこぱん商品券の使い道がないので来年の車検前金として10万円支払って消化した。まちなか商品券一人5000円はスパゲティー、サムズでヤスデ殺虫剤、ドラッグストア森で焼酎白岳、剣菱で使いきった。めったに外食はしないので離島割引の500円引きは使えない。なんだか欲に絡んで無駄な消費をさせられているようである。景気回復に繋がればよいのであるが、消費より貿易黒字で賃金を上げなければどうしようもない。商業と金融、消費で栄えた国は衰退していく。

自家用のベーコンが無くなったので1㎏のベーコンを製作した。市販の様な柔らかくて桃色のベーコンにはできない。50℃燻製で中まで生煮えにならないようにするためには6時間かかり2割の減量となる。65℃湯通しであれば1時間であるが、水分を含み味が抜けてしまう。




バッテリー  5日

今コードレス掃除機が流行りであるが、バッテリーは製品価格に対して高い。1年半でマキタのコードレス掃除機(8000円)のバッテリー(10.8V1.5Ah)が充電しなくなった。これを購入しようと価格を調べるとマキタは5800円であり中国製である。
61H0PHxShAL__AC_SL1100_.jpg
中国製の類似品が1900円で販売されている。私は10.8V,6Ahを2600円で購入した。
6149aiMDZsL__AC_SL1500_.jpg
調べると、名も知らぬ中小企業が売れ筋の製品の部品を安値で日本の販売店に卸しているようである。中国製品にメーカー名も連絡先もない。
液晶TV(200万画素数)の製造も日本は撤退しようとしている。
中国のシャオミン4K(800万画素すう)の価格は、「JU49SK03」が53,800円、「JU55SK03」が64,800円(いずれも税別)の予定。
日本の家電製品工業はどこへ行くのだろうか。
世界の産業は動いている。
屋久島町の産業のかじ取りは屋久島町企画調整課である。長期計画に誤りがないか倉庫から引っ張り出して日の光の中で調べた方が良い。

ヤスデのミリペーダ殺虫液散布は5日の予定であったが雨が降るので9日と決まった。コレット剤より有効なミリペーダ液剤は市販されていないので町民に配布してほしい。

ベビーレタスが育ち、採取は10日後であろう。
CIMG0232.JPG

草負けしたようで左腕に湿疹ができた。免疫力が低下している。
CIMG0239.JPG
CIMG0241.JPG




コロナ禍での援助金有難うございます。   11月1日

久しぶりの雨で庭の草花が喜んで、茎と葉がシャキッとなった。
コロナ禍で色々な恩恵を受けている。
恩恵はただではない、国民の負担である。
1 2割プレミアのしょこぱん商品券を夫婦で10万円購入した。車検支払いにする。2万円の恩典を受ける。
2 離島割引 買い物すると1回一人500円割引。
  今は使用中止になっている。
3 まちなか商品券 一人5000円、夫婦で1万円の恩恵を受けとる予定。
4 以前20万円の助成を受けた。
5 次の恩恵はGO TO トラベルとイートである。
3回目のワクチンを接種したらうまいもの食べ旅行に出かけたい。
私は金銭的にコロナ禍被害を受けていないので「濡れ手で粟」と言うものである。
「濡(ぬ)れ手(て)で粟(あわ) 濡れた手で粟をつかめば粟粒がたくさんついてくるように、ほねをおらずに多くの利益を得ること。 やすやすと金もうけをすること。 [補説]「濡れ手で泡」と書き、いくら努力しても実りがないことの意とするのは誤り。」
サービス業の影響を発端に経済が行き詰っていることは確かである。お金は輪転機を回せば出来るので簡単であるが経済(富国)を成長させる基本的手段になっていない。各党輪転機を回す方法しか考えていない。しかしいつまで世界がそれを許してくれるか、超インフレになるかもしれない。日本の食料品の物価は大変高いと感じる。物価2%上げを目標に掲げない方が良い。実質賃金が2%以上がっていないからである。

6月21日に町にヤスデの殺虫液散布を行ってもらって退治したが、またヤスデが出て室内に入ってくる。町の地域住民課経由環境課に殺虫液散布をお願いして、4日か5日に近所4軒に散布することになった。4軒に業者が入っていくことを了承してもらった。

ムカデのそっくりさん、益虫だけど害虫なヤスデを駆除する方https://www.seikatsu110.jp/library/vermin/vr_centipede/37534/
「ヤスデは、前述のとおり、枯れ葉や朽木などの腐食質や菌類などを食べて生きています。食事をしたヤスデが出した糞には有機物が豊富に含まれているので、植物の栄養源になります。また、ヤスデは自分の糞の中に未消化の落ち葉や菌類が含まれていれば再度食べます。こうして、ヤスデが食事をすることで植物の成長が促進されるだけでなく、土壌の中にいる微生物の育成にも役立つこともできます。そのため、ヤスデがいる森林は良質な森林であるといわれています。」

ふと思う、生のこはだ寿司が食べたい。