テーマ:穴窯

耕運機の調整と薪製作   16日

耕運機の調整と薪製作   16日 曇り時々雨、蒸し暑い。 08時からホンダ耕運機F110の調整を行う。 チョーク開でエンジンがかかった。 だが5分すると止まってしまう。 アクセルを握ると車輪は動かない。 チョーク閉でアクセルを握ると車輪は動く。 だが数分で止まる。 12時までかかった。 私は調整できなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耕運機ホンダF110試運転と豆炭燃焼試験   9日

耕運機ホンダF110試運転と豆炭燃焼試験   9日 豆炭は屋久島町役場特産である。 燃えるごみの炭化物を鹿児島に送り、 土を混ぜて豆炭にしたものが屋久島へ 出戻りしたものである。 混ぜ物は粘土ではなく土のようで 固形性が無い。 出戻りなので、まだ産業祭へのお披露目には出ていない。 出戻りの話をすれば、長い長い15年間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行前の後始末1日目    8日

旅行前の後始末1日目    8日 昨年コロナ製のクーラーが雷で故障して、 2枚の基盤を交換したが直らない。 基盤以外の故障を直す業者は屋久島に居ない。 新規に購入することにした。 廃棄物として西の小屋の下から撤去した。 この下にあったクーラーの船外機を撤去したあと 屋根を元に戻した。 ヨシヅの網紐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火口の蓋と鉄砲ゆり  7日

火口の蓋と鉄砲ゆり  7日 曇り、GWがやっと開けた。 70歳の私にとって毎日GDゴールデン・デイである。 屋久島では種が飛んで鉄砲ゆりが 雑草のように何処でも生育している。 生育中はよけて草刈をする。 我が家の庭にも何処かしこに 鉄砲ゆりが勝手に生育している。 鉄砲ゆりがすがすがしい香りを放すので 地下室に飾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

火口の蓋と庭の手入れ  6日

火口の蓋と庭の手入れ  6日 活きている実感を味合うため、 何か作業している70歳。 トムソーヤの冒険、ボーイスカウト、 放浪の旅など道楽の実感である。 穴窯の現在の火口の蓋は重いので 軽く作り変えることにした。 薄い鉄板を探す、冷蔵庫の放熱板を保管していた。 長さ800mm*400mm*0.3mm。 これを半…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窯の乾燥とシート小屋   3日

窯の乾燥とシート小屋   3日 昨夜から雨、小屋が完成していてよかった。 鶴蝶ランが上まで開花してきた。 窯の乾燥の為,08時から燃焼させる。 13時、300℃で左右の膨張は無いが、 膨張の逃げ場がない為 アーチ端面が2mm上に上がっている。 雨が降っているので、 シート小屋(4坪)雨漏りの確認をす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シート小屋補修と窯の乾燥 5月1日

シート小屋補修と窯の乾燥 5月1日 曇り時々雨 08時から穴窯を燃焼させ乾燥を行う。 朝、窯は昨日の300度から65度まで下がっていた。 再燃焼させる。 その間に薪の準備置き台を作る。 薪の代わりにクリーンセンターの 炭化物の豆炭を穴窯に利用できないかと 屋久島町環境政策課に電話をする。 未だ実際にこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯乾燥と集金  30日

穴窯乾燥と集金  30日 曇り後晴れ 今日は空き缶の収集日で半年分払い出した。 10時ごろ瞬間的に豪雨。 通路が雨で綺麗になる。 すぐに雨は止んで、太陽が出てきて晴れとなった。 鹿児島本土と大違いである。 09時から穴窯の乾燥の為、燃焼させる。 6時間かけて燃焼温度は350度に達したが、 外壁は50度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高平老人会の一笑会総会 29日

高平老人会の一笑会総会 29日 曇り、涼しい。 09時から高平老人会の一笑会の総会があるので、 それまでに窯の周辺の片付けをする。 雨にも負けず排水路のコンクリートは固まっている。 鉄板を屋根に上げて、 左の支柱を追加して固定した。 薪保管場所の石垣を水で洗う。 09時から高平老人会の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建75日目完成した。 4月28日

穴窯再建75日目完成した。 4月28日 1月10日から穴窯再建を始めて4月28日に 完成した。 穴窯建設は手段である。 陶器を製作するのが目的である。 燃焼は来年1月ごろであろう。 5月末からイタリアへ3ヶ月間旅に出かける。 使用材料 耐火レンガSK34を320個 使用済み再生耐火レンガSK34を700個 耐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建74日目と窯の乾燥  27日 

穴窯再建74日目と窯の乾燥  27日  晴れ蒸し暑い。 鶴頂蘭のつぼみが開く。 ブルベリーの実が出来る。 屋久島アジサイが咲き始めた。 さつきも咲き始める。 雑草の堆積場の転地返しをする必要がある。 08時に段ボウルをゴミ捨て場に持っていく。 09時から作業開始。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建休憩とポニー試乗会     26日

穴窯再建休憩とポニー試乗会     26日 今日は快晴であるが、うす曇のようなもやがある。 屋久島産業祭に子供たちのポニー(さくら)試乗会を パカラ*3が参加。 私も馬引きの馬喰の手伝いをする。 穴窯再建は休憩する。  歩くだけであるが汗をかく。 お天道様を浴びて身体を活性化していただいた。 11…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建73日目本体完成とアメリカ議会での演説  25日

穴窯再建73日目本体完成とアメリカ議会での演説  25日 06時起床、晴れさわやかな朝である。 安部総理大臣のアメリカ議会での演説 終戦70年目の今年において、中国との戦争、 韓国の合併に対して謝罪しないでほしい。 戦争と侵略はその当時欧米の常識政策であった。 戦後欧米は植民地に対して 謝罪も賠償をしていない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建72日目 は~い   24日

穴窯再建72日目 は~い   24日 06時起床、昨日は十分な睡眠をとり早起き。 何かいつも動いて人生を生きているとの 実感を味合う。 見る、聞く、動いて学ぶ。 失敗してもケセラセラ。 今日は金曜日、2週間で大袋(20kg)が 一杯になるので2週間に1回の 燃えるごみ出しである。 次は畑に石灰を撒く。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建71日目で終盤

穴窯再建71日目で終盤 昨日70日目で煙突が完成した。 再建開始は1月11日である。 昨日の写真を見ると曲がっていたが、 計測すると曲がりは無い。 写真機のレンズひずみの様ある。 高さ3mのコンクリートブロックである。 この内側には耐火モルタルが塗ってある。 耕運機のエンジンがまだかからない。 これからこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建70日目煙突完成  22日

穴窯再建70日目煙突完成  22日 曇り24℃、蚊が飛び回る。 未だ耕運機のエンジンがかからない。 09時から昼抜きで3mの煙突を作る。 レンガやコンクリートブロックの下から ムカデがいたるところから出てくる。 小さいもの大きなものまで色々 生息している。要注意である。 コンクリートブロックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建69日目と管理機   21日

穴窯再建69日目と管理機   21日 曇り24度蒸し暑い。 08時に尾の間クリニックに行く。 心臓の薬を2ヶ月分とPT-INRを 計測のため採血する。 心臓関係の薬を15年間飲んでいる。 PT-INRはワーファリン2mmgで 1.44なので1ヶ月前から2.5mgに変更した。 この効果のため採血した。 PT-IN…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建68日目と買出し   20日

穴窯再建68日目と買出し   20日 曇り23℃。蒸し暑い。 横の小川が満水で流れている。 やはり昨夜の嵐で風見鶏の羽が 2枚折れている。 09時から作業開始。 断熱材を塗るための土留めの為 前面にレンガを張る。 耐火モルタルの破片と粘土の焼結材、 少しのセメントを混ぜてアーチに叩きつける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建67日目とニンニク  19日

穴窯再建67日目とニンニク  19日 曇り23℃。 フラッシュモブ https://www.youtube.com/watch?v=Ky8DqlkgDrk https://www.youtube.com/watch?v=6_0pmd46Ybg 朝一番に生ウコンの滋賀県への 発送が終わった。 バラが咲き誇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建66日目と産物手配  18日

穴窯再建66日目と産物手配  18日 晴れ23℃。 今日は忙しい、色々な項目を処理する。 ハム作りでハムに豚のにおいがする。 納得いかないものが出来たので、 注文予約は断った。 家内は匂いはしないという。 急遽チャーシューに作り変える。 炊飯器の保温でタレを作り9時間入れる。 炊飯器の底に陶器の皿を入れる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建65日目と老人会  17日

穴窯再建65日目と老人会  17日 今日は晴れ、20℃を超える。 07時半から45℃ぐらいで燻製をはじめる。 14時半に完了予定。 窯の火床を製作。掃除するため固定しない。 ただレンガを置くだけ。 火口の壁を積上げる。 中央の出っ張ったところは製品搬入口なので、 固定しない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建64日目と教育勅語   16日

穴窯再建64日目と教育勅語   16日 今日は曇り、朝は18度、昼20℃を越える。 シャツ1枚でよい。 風見鶏を上げる。 大手マリが満開になった。 今年の櫻つつじは満開であったが、嵐で散り始めた。 シンビジュームも終わりである。 今年は株分けする。 まずはハーブに漬け込んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建63日目と風見鶏  15日

穴窯再建63日目と風見鶏  15日 昨夜は北西の嵐で吹きまくった。 夜中心配であったがこの嵐の中での 取り込みをしなかった。 朝は曇り20℃。 北からかぜが吹いている。 昼から晴れてきた。 朝起きて風見鶏を見ると羽がなかった。 羽を捜して修復する。 佃煮入れの蓋がかけていたので、 金継を行う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建62日目とモデム故障  14日

穴窯再建62日目とモデム故障  14日 久しぶりの晴れである。 今年、集落4班の班長になった。 配布物と区費集金に毎月1回 11軒の家を回る。 今日、集落の配布物を11軒の家に配る。 郵便受けがある家は11軒中移住者の 4軒のみである。 現地の家には郵便受けがない、 恐る恐る声をかけながら戸をあけて、 配り物を入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建61日目と豚肉   13日

穴窯再建61日目と豚肉   13日 曇りの様な晴れのような日。 午前中は肩ロースハムとチャーシューを作るため 保温器にセットする。 ハムは3時間、チャーシューは6時間保温する。 11時から石垣製作を開始。 通路側の基礎をコンクリートで固める。 川側の石積みを行う。 まず窯側に石を移設して、川側の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建60日目石積みとニンニク  12日

穴窯再建60日目石積みとニンニク  12日 曇りのち雨気温20℃。 寒いのでジャンバーを着る。 腰は少し痛いが、作業したから翌朝に 痛くなることはない。 午前中曇りだったのでワイヤーカッターで 草刈をする。 午後から雨が降り始めた。 通路の底から洗浄して石垣の底を綺麗にする。 元の通路の石の階段が出てきた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建59日石垣  11日

穴窯再建59日石垣  11日 今日は久しぶりの晴れ、20℃を超えた。 竹の子は例年4月の4日から 10日ぐらいに出来る。 晴れたので、午前中に竹の子堀に行ったが、 今年は少ない。お礼はベーコンである。 すぐに石釜に火を入れて20分湯がいた。 家内に竹の子の煮付けと 竹の子ご飯の料理を依頼。 竹の子が少ない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建と腰痛58日  10日

穴窯再建と腰痛58日  10日 曇り20℃。 腰は痛くはない。 試しに作業をしてみることにした。 まずは芝刈をする。 目土を入れているので、 芝刈り機は砂まで吸い上げるので、 刈った物はそのまま元の芝に 吐き出す操作選択にした。 芝刈前 芝刈後 刈り取った芝を粉にして吐き出すので、 刈った後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

腰痛でも何かしたい   6日

腰痛でも何かしたい   6日 朝25度、曇りたびたび雨 腰は重いがすぐに起きられた。 柔軟体操をする。 普通どおりに歩ける。 虹がかかっていたので写真機でカシャ。 そろそろオープンガーデンの時期である。 今年は櫻つつじが咲き誇った。 大手マリも沢山の花が出てきた。 この花は緑から大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

穴窯再建腰痛で休止   4日

穴窯再建腰痛で休止   4日 4日、昼の気温26℃、 西の海から山に雲が吹き上がってくる。 山に消えていく。 照葉樹林が芽吹き,下葉が落葉を始めた。 世代交代を確実に行っている。 照葉樹林は下葉が落葉するので葉が上だけで 下は幹だけの効率的な植物である。 櫻つつじが咲く。 芝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more